« 東京の風景から 96~大森浜辺 | トップページ | イザベル・ファウスト 1 »

2019年4月30日 (火)

ゲオルグ・ショルティ 24

サー・ゲオルグ・ショルティ指揮シカゴ交響楽団で
ベートーヴェンの交響曲全集を聞いていきたい。
交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」
1972年5月にイリノイ大学グラナート・センターで収録。
平成最後の日にベートーヴェンの第9を聞いている。
ショルティのベートーヴェンで最初の交響曲全集だが、
非常に丁寧に音楽を進めて、同時にすべての瞬間に
異常な気合いと緊張感が漂い、独特な迫力である。
この集中力は、1970年代のショルティの充実度を伝え、
ここまで熱気に満ち、力強く、激しさのある演奏はない。
第3楽章の折り目正しい、彫りの深い表現というのも
こんなにも踏み込んでいる演奏は聞いたことがなく、
壮大さと緻密な描き込みでとにかく感動的な名演だ。

DECCA 475 9090

|

« 東京の風景から 96~大森浜辺 | トップページ | イザベル・ファウスト 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京の風景から 96~大森浜辺 | トップページ | イザベル・ファウスト 1 »