« ラルス・フォークト 5 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

2019年4月12日 (金)

アレクサンダー・クリッヒェル 1

アレクサンダー・クリッヒェルでリストの作品。
バラード 第2番 ロ短調、巡礼の年 第2年より
ペトラルカのソネット 第47番、第104番、第123番、
ヴェネツィアとナポリ、ソナタ風幻想曲「ダンテを読んで」
2011年1月28‐30日にハンブルクで収録されている。
派手さと迫力で聞かせるリストではなくて、逆の印象の
繊細で精妙な表現が冴えわたるところに強く惹かれる。
華麗な技巧を押し付けてくるのではなくて、抑制が効き、
それゆえに純粋に美しい響きが強調されて、リストの
音楽の歌謡性がより表れてくるのである。造形的には
クリアで彫りが深いので、陰影に富んで立体感があり、
細部にまで丁寧に描き込まれていて、心に響いてきた。
これは感動的だ。アレクサンダー・クリッヒェルは注目。

Profil PH14037

|

« ラルス・フォークト 5 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラルス・フォークト 5 | トップページ | チコちゃんに叱られる »