« ラルス・フォークト 4 | トップページ | 横浜の風景から 547 »

2019年4月 5日 (金)

新宿末廣亭 4月上席

埼玉の叔父夫婦が来て、こちらも母と新宿へ。
末廣亭の4月上席に行ってきた。10時半には
新宿三丁目で待ち合わせ、伊勢丹で買い物をして、
追分だんごで団子を買って、開演前に腹ごしらえ。
昼のトリが一九さんで、小満ん師匠も出ている。


昼席
春風亭一猿:子ほめ
柳家ほたる:動物園
ストレート松浦:ジャグリング
柳家一琴:山号寺号
橘家圓太郎:真田小僧
林家楽一:紙切り
桂藤兵衛:強情灸
柳家小はん:親子酒
三増紋之助:曲独楽
柳家さん喬:時そば
柳家権太楼:代書屋
アサダ二世:奇術
柳家小満ん:粗忽長屋
-仲入り-
春風亭勢朝:大師の杵
すず風にゃん子・金魚:漫才
柳家小さん:高砂や
桂南喬:壺算
翁家和助・小花:太神楽曲芸
柳家一九:妾馬


いい顔付けとは思っていたけれど、すごくよかった。
それぞれ噺もしっかり、時間も長めなのではないかと
途中、そんな印象であったのだが、時間通りの進行で
押すことはなく、それだけ充実していたのだなと思う。
一九さんは「妾馬」でたっぷり30分超。いい噺である。
さん喬・権太楼の流れはやはり最高であった。隙がない。

|

« ラルス・フォークト 4 | トップページ | 横浜の風景から 547 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラルス・フォークト 4 | トップページ | 横浜の風景から 547 »