« フランソワ・グザヴィエ・ロト 4 | トップページ | レイフ・オヴェ・アンスネス 4 »

2019年4月18日 (木)

マルク・アンドレ・アムラン 16

マルク・アンドレ・アムランでシューマンの作品集。
幻想曲 ハ長調 作品17
ピアノ・ソナタ 第2番 ト短調 作品22
交響的練習曲 作品13
1999年8,12月にヘンリー・ウッド・ホールで収録。
アムランの圧倒的な技巧は驚異の鮮やかさだが、
仕上がりは熱く、この鋭さと明瞭な響きからすると
もっとクールな印象になりそうだけど、それが違って、
情熱的な表現が効果を上げて、実に感動的である。
この20年間、ずっとアムランが好きなのだけど、
いまだに聞けば聞くほど、その凄さに驚かされて、
本当にこういう演奏をしている人は他にいない。
その存在感も格別だし、演奏が半端ない完成度。
ピアノ・ソナタ 第2番のスピード感覚は何なのだ。
交響的練習曲の高度な技巧がもたらす滑らかさ、
フォルムの美しさも最高である。一つ残念なのは、
遺作の5つの変奏が含まれておらず、通常版。

hyperion CDA67166

|

« フランソワ・グザヴィエ・ロト 4 | トップページ | レイフ・オヴェ・アンスネス 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランソワ・グザヴィエ・ロト 4 | トップページ | レイフ・オヴェ・アンスネス 4 »