« ダニエル・バレンボイム 38 | トップページ | ロリン・マゼール 47 »

2019年5月20日 (月)

ミヒャエル・ギーレン 36

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第7集)から
南西ドイツ放送交響楽団の演奏で
アイヴズの答えのない問い(1995.2.3)
ヴァレーズのアルカナ(1995.2.6)
ストイアマンの管弦楽のための変奏曲(1990.2.12)
ハンス・ロスバウト・スタジオで収録されている。
アメリカの現代作品が集められているが、これらは
現代音楽ともいえないか…もっと親しみのある作品。
ギーレンは鋭い感性により現代音楽に熱心であったと
そういうイメージが強いのだが、同時にそうした音楽を
我々のごく身近な存在へと紹介してくれたのであり、
ヴァレーズを聞いて、もはや現代音楽とも思わないか。
「アルカナ」は力強い迫力で、その炸裂はもう最高だ。

SWR>>music CD-No.SWR19061CD

|

« ダニエル・バレンボイム 38 | トップページ | ロリン・マゼール 47 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダニエル・バレンボイム 38 | トップページ | ロリン・マゼール 47 »