« チコちゃんに叱られる | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 36 »

2019年5月19日 (日)

ダニエル・バレンボイム 38

ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンで
ブルックナーの交響曲 第9番 ニ短調(ノヴァーク版)
2010年6月にベルリンのフィルハーモニーでライブ収録。
バレンボイムの新しいブルックナー交響曲全集である。
ゆったりとした重い足取りでそこには異様な威圧感もあり、
ただならぬものが感じられて、すぐに引き込まれてしまう。
壮大な広がりながら熱い想いが込められて歌われるので
とにかく感動的である。このシリーズは、表情付けなどで
親しみやすい響きが特長であったのだが、やはり第8番、
ここでの第9番となると独特の荘厳な音色であり、深い。
ときにハッとするような神聖な瞬間が存在して、偉大だ。

DG 00289 479 6985

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 36 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃんに叱られる | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 36 »