« ヴァレリー・アファナシエフ 11 | トップページ | 5月16日の感想 »

2019年5月16日 (木)

ネルソン・フレイレ 5

ネルソン・フレイレでブラームスの作品を聞いている。
ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 作品5、
間奏曲 変イ長調 作品76-3、間奏曲 変ロ長調 作品76-4、
カプリッチョ ニ短調 作品116-1、間奏曲 ホ長調 作品116-4、
間奏曲 変ロ短調 作品117-2、間奏曲 イ長調 作品118-2、
バラード ト短調 作品118-3、4つの小品 作品119、
ワルツ 変イ長調 作品39-15
2017年2月にハンブルクのフリードリヒ・エーベルト・ハレ。
ネルソン・フレイレは独特な色彩感で歌にあふれており、
内省的なブラームスではないが、ピアノ・ソナタ 第3番では、
作品のリスト的な方向性が活かされて、勢いのある表現だし、
後期の小品は選曲も素晴らしくて、何とも感動的だ。最高!
ネルソン・フレイレが大好きで、こういう演奏を聞いていると
その幸福感はたまらないが、すっかり引き込まれてしまう。

DECCA 00289 483 2154

|

« ヴァレリー・アファナシエフ 11 | トップページ | 5月16日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴァレリー・アファナシエフ 11 | トップページ | 5月16日の感想 »