« 新府の桃 梅雨明けの風景 | トップページ | イルジー・ビエロフラーヴェク 18 »

2019年7月23日 (火)

ミヒャエル・ギーレン 40

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第8集)から
シェーンベルクの室内交響曲 第1番 作品9
(ウェーベルン編曲による室内楽版)
1954年8月24日にダルムシュタット・コングレスザール。
シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲 作品36
ウォルフガング・マルシュナーのヴァイオリン独奏、
ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団の演奏、
1957年3‐5月にロッフェナウの聖十字架教会で収録。
ギーレン・エディションだが、ここからは第8集である。
室内交響曲は、ウェーベルン編曲による室内楽版で
ヴァイオリン、フルート、クラリネット、チェロ、ピアノ、
という編成で、この編曲版はおそらくはじめて聞く。
ギーレンはピアノで演奏に参加している。27歳だ。
ヴァイオリン協奏曲は、30歳になる少し前の録音で
ひとつ年長のウォルフガング・マルシュナーとは、
ケルン放送交響楽団のコンサートマスターも務め、
歌劇で知られるハインリヒ・マルシュナーの末裔。
ベルクのヴァイオリン協奏曲に比べて、こちらは
難解なイメージもあったのだが、いまは慣れたし、
この演奏も十二音技法を魅力的に伝えている。

SWR>>music CD-No.SWR19063CD

|

« 新府の桃 梅雨明けの風景 | トップページ | イルジー・ビエロフラーヴェク 18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新府の桃 梅雨明けの風景 | トップページ | イルジー・ビエロフラーヴェク 18 »