« セミヨン・ビシュコフ 4 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 42 »

2019年8月16日 (金)

ゴンサロ・ルバルカバ

落語で親しい友人にブルーノート東京に案内してもらった。
すると出演が、ゴンサロ・ルバルカバだったのだ。知っている。
中学時代の友人がジャズ好きで、大学の頃だったと思うけど、
家に遊びに行ったとき、話題になっているピアニストがいると
CDを聞かせてくれたのが、ゴンサロ・ルバルカバだったのだ。
26年前になるか?たしかその辺り。名前と顔は覚えていた。
ここで再会できるとは。ずっとルバルカバの演奏を見ていた。
すごくよかった。久しぶりにジャズが聞きたくなってしまった。

|

« セミヨン・ビシュコフ 4 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 42 »

コメント

ゴンサロ・ルバルカバは、27~8年前、雑誌『スイングジャーナル』ジャズ・ピアニストのランキング1位だったと記憶しています。
ジャズ大好きの夫に引っ張られて、オーチャードホールでの来日公演へ。日頃の疲れ(同居の夫の両親の介護+小中学生の子供達の世話)と、私の耳には余りにも聴き難かったことで、オープニングの次の瞬間からエンディングまで、見事に爆睡!(後にも先にも、この記録は破られておらず!?)尤も、夫も予想外に聴き難かったそうですが・・。
懐かしく思い出です。有難うございました。

投稿: 仲神裕子 | 2019年8月17日 (土) 09:45

仲神さん、コメントをありがとうございます。
その昔に聞いたゴンサロ・ルバルカバは、すごく熱い演奏だったような気がするのですが、聞いた話によりますとその後は暗い音をさせるようになっていたそうで、しかし今回はキューバ音楽ということで、再びエネルギッシュな演奏をしていました。

投稿: たけお | 2019年8月18日 (日) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミヨン・ビシュコフ 4 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 42 »