« チコちゃんに叱られる | トップページ | バイロイト音楽祭2014 »

2019年9月15日 (日)

バイロイト音楽祭2014

バイロイト音楽祭2014から歌劇「タンホイザー」で
アクセル・コーバーの指揮で第1幕を聞いている。
2014年8月12日にバイロイト祝祭劇場におけるライブ録音。
アクセル・コーバーを知ったのは、バイロイトへの出演で
他ではあまり聞かなくて、日本では知られていないのでは。
2013年の「タンホイザー」が初登場で、翌年の2014年と
2年間、「タンホイザー」を指揮している。2015,2016,2018と
続く3年間は「さまよえるオランダ人」、そして2020年は、
再び「タンホイザー」、さらに「ローエングリン」を2公演。
「ローエングリン」はティーレマンの指揮だが、8月の半ば
スケジュールが押さえられなかったのか?15日と18日は、
アクセル・コーバーの指揮が予定されている。聞いてみると
非常にさっぱりとした音で広げずに真っすぐ鳴ってくる印象。
鳴りっぷりのいい重い音のイメージからは全く逆を行く音で
透明感があって、細やかな表情がきれいに聞こえてくる。
「タンホイザー」の牧歌的な音色は、素朴さを際立たせて、
これまでのバイロイトの歴史の中ではユニークな気がする。
軽く小さく響かせているような、圧倒される感覚はないが、
「タンホイザー」であるならば、この感じは意外に好ましい。
間違いなく「オランダ人」と「ローエングリン」はいいと思う。
この音色で「トリスタンとイゾルデ」を聞いてみたくなった。
アクセル・コーバーを調べてみたら、デュッセルドルフの
ライン・ドイツ・オペラの音楽総監督を務めているらしい。
2018/2019は「ジークフリート」と「神々の黄昏」を上演して、
今シーズンには、11月から来年4月にかけて「指環」を
連続上演するらしい。これはちょっと興味が湧いてきた。

OPUS ARTE OA CD9044D

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | バイロイト音楽祭2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃんに叱られる | トップページ | バイロイト音楽祭2014 »