« ジャン・フィリップ・コラール 4 | トップページ | 第299回 柳家小満んの会 »

2019年9月12日 (木)

ジャン・フィリップ・コラール 5

ジャン・フィリップ・コラールでフォーレの作品。
夜想曲 第12番 作品107、第13番 作品119
主題と変奏 嬰ハ短調 作品73(1973.6.1-14)
バラード 嬰ヘ長調 作品19(1983.5.20)
9つの前奏曲 作品103(1980.11.12)
パリのサル・ワグラムで収録されている。
夜想曲は、昨日の終わりの第11番もいいのだが、
この晩年の第12番と第13番が特に素晴らしい。
半音階的で落ち着かない不安と揺らぎの響きが
新しい感覚を与えてくれるが、1915年と1921年の
20世紀になり、第1次世界大戦中とその後の作品。
主題と変奏、そしてバラードは、フォーレの中では
大作なのだが、親しまれて、早い時期の作品で、
それに対して、9つの前奏曲はちょっと独特であり、
ますます不安定で不揃いなのは、不思議な感覚。
この統一感のなさは、フォーレの遊び心なのか。
後期の作品は、最初のうち馴染みにくさもあるが、
聞けば聞くほど、引き込まれてしまう魅力がある。

ERATO 0190295633578

|

« ジャン・フィリップ・コラール 4 | トップページ | 第299回 柳家小満んの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャン・フィリップ・コラール 4 | トップページ | 第299回 柳家小満んの会 »