« サンソン・フランソワ 1 | トップページ | キース・ジャレット 22 »

2019年10月19日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「電話をしながらウロウロするのはなぜ?」
元々人はじっとしていられない動物である。
対話と違い、電話は声だけで、情報が少なく、
脳は緊張状態である。いつ敵に襲われるか、
わからないので、逃げられるようにしている。
男性の方がストレスに弱く、動いてしまう。


「なんで夫のことを旦那というのか?」
古代インドのサンスクリッド語の「ダーナ」で、
与える、捧げるといった意味。お坊さんへの
感謝の気持ちで施しをするところから来て、
日本では、江戸時代の寺請制度において、
寺は檀家がキリシタンでないことを保証し、
お寺に施しをすることから家の家長のことを
旦那と呼ぶようになった。商家で給金をくれる
主人のことも旦那といい、商売人にとっても
買い物をして金をくれる客のことを旦那という。


「フライとカツの違いってなに?」
フライは高温の油で揚げたものであり、
カツは火で食材を焼いたものである。
フランス料理のコートレットがカツになった。
日本では仔牛のカツレツが受け入れられず、
ポークカツレツ(とんかつ)としたら広まった。


「スピーカーからいろいろな音がするのはなぜ?」
音は耳で感じる空気の振動で、すべての音には
固有の振動があり、波形で表すことができる。
ふたつの音が出てもひとつの波形となり、
複数の音が重なっても波形はひとつである。
スピーカーは波形どおりに空気を振動させ、
出ている音はひとつだが、耳の奥の蝸牛で
それぞれの音を聞き分けて、バラバラの
電気信号として、脳に伝え、認識している。

|

« サンソン・フランソワ 1 | トップページ | キース・ジャレット 22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンソン・フランソワ 1 | トップページ | キース・ジャレット 22 »