« キース・ジャレット 21 | トップページ | スティーヴン・オズボーン 9 »

2019年10月15日 (火)

スティーヴン・オズボーン 8

スティーヴン・オズボーンでベートーヴェンを聞いている。
ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 作品106
ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 作品101
ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 作品90
2015年3,4月にワイアストン・コンサートホールで収録。
驚異の運動性と力強い推進力で駆け抜ける演奏であり、
スティーヴン・オズボーンのベートーヴェン・シリーズは
独特な個性と明確な姿勢が感じられる。もちろんそれは、
圧倒的な切れ味とスッキリと見通しのよい音楽構成で
気持ちのいいまでの説得力がある。重さはないけれど、
この深みのある音楽を鋭い感性で鮮やかに聞かせて、
ベートーヴェンの後期の作品が好きな者にとっては、
すっかり引き込まれて、夢中で聞き入ってしまった。
スティーヴン・オズボーンはどの作品でも興味深い。

hyperion CDA68073

|

« キース・ジャレット 21 | トップページ | スティーヴン・オズボーン 9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キース・ジャレット 21 | トップページ | スティーヴン・オズボーン 9 »