« 黒門亭で馬の助・菊太楼・小ゑん | トップページ | ジャン・フィリップ・コラール 6 »

2019年10月 6日 (日)

10月6日の感想

「いだてん」だが、昭和15年、孝ちゃんは、
その頃、五代目古今亭志ん生になっており、
寄席の高座には山崎のまっちゃんが上がって、
山崎松尾、ついに六代目圓生が登場した。
まもなく圓生を襲名するというタイミングで、
この時はまだ六代目橘家圓蔵の名である。
来週の放送で志ん生は圓生とともに慰問で
満州に渡るそうである。苦しい時代であり、
見ているのも辛い内容だが、ここは注目。

|

« 黒門亭で馬の助・菊太楼・小ゑん | トップページ | ジャン・フィリップ・コラール 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒門亭で馬の助・菊太楼・小ゑん | トップページ | ジャン・フィリップ・コラール 6 »