« ジャン・マルク・ルイサダ 3 | トップページ | キース・ジャレット 20 »

2019年10月 4日 (金)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「ケチャップってなに?」
ケチャップとは、日本でいう「しょっつる」であり、
元は魚醤のことであった。中国でのコエ・ツァプ、
ケ・チャプが起源で、魚を塩漬けにして作った。
東南アジアに渡り、小麦や大豆が原材料となり、
イギリスではキノコを原料として、アメリカでは、
トマトを煮込んで、トマトケチャップが生まれた。
当時のトマトは酸味が強く、食べられなかったが、
ケチャップに加工するとアメリカの食文化と合い、
広く食べられるようになって、明治時代になって、
それが日本に入ってきた。国により異なっている。


「飛行機はなぜ飛ぶ?」
飛行機が飛びはじめると翼のまわりの力が変わり、
気圧の変化が生じ、翼には上昇させる揚力が働く。
翼の下には、風船から風が出て押し上げるような、
翼の上には、ストローで吸い上げるような力が働く。


「詰襟のカラーはなぜ付けるのか?」
明治19年の東京帝国大学の制服が原点である。
当時は襟が立っているシャツを下に着ていた。
首にはその白い襟が見えていたが、しかし襟元に
貧富の差が表れてしまって、樹脂製のカラーを
後には、詰襟の内側に付けるようになった。


「紙で指を切ると痛いのはなぜ?」
紙の淵はギザギザしており、ナイフで切るよりも
ノコギリで切っている感じに近いのである。

|

« ジャン・マルク・ルイサダ 3 | トップページ | キース・ジャレット 20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャン・マルク・ルイサダ 3 | トップページ | キース・ジャレット 20 »