« チコちゃんに叱られる | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

2019年11月10日 (日)

キース・ジャレット 25

1976年のキース・ジャレットを聞いている。
サンベア・コンサートから11月18日の札幌公演。
1976年11月18日に札幌厚生年金ホールで収録。
日本ツアーの最終日であり、サンベア(日熊)という、
この由来となったのが札幌についての話なのである。
全体に穏やかな時間で、破壊的な瞬間はないのだが、
美しい響きに歪みが表れ、調性が崩れていく様子は、
不安であり、混沌としているのであり、しかしそれこそ、
天才的な要因が宿っている気がして、感動的である。
追い詰められている感覚や激しい緊迫感がなくなって、
それは集中力が落ちているということでは決してなくて、
より自然体にキース・ジャレットの中から湧き出てくる、
音楽、旋律、さらには音そのものが素直に鳴りだして、
その時間や空間を録音が見事に捉えて、夢中になる。
全8公演の内、11月6日の福岡、10日のNHKホール、
16日の横浜が未発表となっているのだが、気になる。
勝手な推測だが、NHKホールと神奈川県民ホールだと
会場が大きいので、他と少し様子が違っているのかも。

CDR953/954

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃんに叱られる | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »