« チコちゃんに叱られる | トップページ | 小澤征爾 4 »

2019年11月17日 (日)

キース・ジャレット 26

1977年のキース・ジャレットを聞いている。
ECMのMy Songでオスロでのスタジオ録音。
Questar, My Song, Tabarka, Country,
Mandala, The Journey Home
1977年11月にオスロのタレント・スタジオで収録。
ヨーロピアン・カルテットであり、ヤン・ガルバレク、
パレ・ダニエルソン、ヨン・クリステンセンが参加している。
親しみやすさを求めたのかもしれないが、どうも緩い。
私的に好きなのは、5曲目のMandalaで、混沌として、
ぐちゃぐちゃな感じがたまらない。エネルギーの発散。
ヨーロピアン・カルテットは洗練された音で透明感だ。
いろいろな方向性や可能性も示されているけれど、
大人の雰囲気でやりたい放題の滅茶苦茶がない。
1977年から79年は、ヨーロピアン・カルテットの
録音が連続して残されており、集中的に聞きたい。

CDR955

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | 小澤征爾 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃんに叱られる | トップページ | 小澤征爾 4 »