« チコちゃんに叱られる | トップページ | 今日の月は…月齢4.5 »

2019年11月30日 (土)

アルディッティ四重奏団 演奏会

アルディッティ四重奏団の演奏会に行ってきた。
桜木町から紅葉坂にある神奈川県立音楽堂へ。
大学生のときに友人に誘われて、アルディッティの
バルトークの弦楽四重奏曲の演奏会を聞きに行って、
それ以来、ずっとファンなのである。25年以上も昔。


西村朗:弦楽四重奏曲 第6番「朱雀」(2017)
細川俊夫:パッサージュ(通り道)(2019)
ウォルフガング・リーム:Geste zu Vedova(2015)
ウォルフガング・リーム:弦楽四重奏曲 第3番「胸裡」(1976)


西村朗の凝縮された中にある緊張感の持続に感動して、
細川俊夫では、この音は好きだ!という感覚に満たされ、
そして後半、ウォルフガング・リームは、私は大好きで、
特に昔から聞いてきた弦楽四重奏曲 第3番は最高!


20191130

終演後にサイン会があり、それを期待して持参した
ウォルフガング・リームのCDにサインをもらってきた。
昔のCDを持って行ったので、驚きで喜んでくれて、
アルディッティさん以外、メンバーが交代しており、
そこは恐縮だったのだけど、一応、演奏曲であり、
しかし他のメンバーも喜んで話題にしてくれたので、
入団前、同じようにCDを聞いていたのではないかと
勝手ながらそんなことを推察していた。それも含めて、
実に楽しい一日だった。本当に素晴らしい現代音楽。

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | 今日の月は…月齢4.5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃんに叱られる | トップページ | 今日の月は…月齢4.5 »