« リッカルド・ムーティ 26 | トップページ | タカーチ四重奏団 2 »

2019年11月 6日 (水)

リッカルド・ムーティ 27

ムーティ指揮フィルハーモニア管弦楽団で
ヴェルディの歌劇「ナブッコ」から第3幕と第4幕。
1977年7月10-20日と1978年2月5-8日に
ロンドンのキングズウェイ・ホールで収録されている。
「ナブッコ」は音楽が素晴らしい。若々しい輝きであり、
ヴェルディの後年の深みのある暗さや渋さはないが、
何より聞いて楽しい。それに比べて、物語はというと
国同士の争いや王位継承をめぐる騒動というのは、
よくわかるけれど、そこに旧約聖書の理解がないと
どうしても表面的で、踏み込めないのは残念である。
最後の場面で第4幕第2場は、神を讃えるところで
厳粛な空気となって、威勢のよかったアビガイッレが
許しを乞いながら死んでいくところは感動的である。

Warner 0190295945886

|

« リッカルド・ムーティ 26 | トップページ | タカーチ四重奏団 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リッカルド・ムーティ 26 | トップページ | タカーチ四重奏団 2 »