« マリス・ヤンソンス死去 | トップページ | バイロイト音楽祭1961 »

2019年12月 2日 (月)

バイロイト音楽祭1961

バイロイト音楽祭1961からルドルフ・ケンペの指揮で
楽劇「ジークフリート」より第1幕を聞いている。
1961年7月28日にバイロイト祝祭劇場におけるライブ録音。
7月26日の「ラインの黄金」から三日連続の上演となるが、
ますます力強い音楽で、勢いもあるし、豪快な仕上がりで
この時期のルドルフ・ケンペは、なるほど圧倒的であった。
歌手も素晴らしい。ヘロルト・クラウスのミーメが大活躍で
ハンス・ホップのジークフリートが加わり、ヘルデンだが、
それにしても重厚で迫力の歌声に驚き、音楽に負けない。
そして第2場でさすらい人が登場するとさらに重々しくて、
バスのジェームズ・ミリガンだが、音楽がこれだけの響きを
思い切って鳴らしているのは、それだけの歌があってこそ。
テンポも速いと思うのだけど、一気に聞かせている感じで、
この「指環」の上演も盛り上がってきているのを感じる。

ORFEO C 928613DR

|

« マリス・ヤンソンス死去 | トップページ | バイロイト音楽祭1961 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリス・ヤンソンス死去 | トップページ | バイロイト音楽祭1961 »