« 1月11日の感想 | トップページ | 第301回 柳家小満んの会 »

2020年1月12日 (日)

キース・ジャレット 30

1979年のキース・ジャレットを聞いている。
ECMのThe Moth And The Flameでソロ・アルバム。
1979年11月にルードヴィッヒスブルクのスタジオ・バウア。
5つのパートからなる39分間で、ソロ・コンサートの前半、
後半というよりは前半のような雰囲気がするのだけれど、
スタジオ録音なので、綿密に設計された平衡感覚もあり、
客観性を保ちつつ、強い集中力による完成度の高さは、
独特の研ぎ澄まされた仕上がりである。5つの部分は、
それぞれ別々の方向性を示し、その変化も楽しめるし、
ライブの高揚感とは違う凝縮された時間に感動した。

CDR961

|

« 1月11日の感想 | トップページ | 第301回 柳家小満んの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月11日の感想 | トップページ | 第301回 柳家小満んの会 »