« コヴェントガーデン王立歌劇場 | トップページ | 1月11日の感想 »

2020年1月10日 (金)

ダニエル・バレンボイム 42

ダニエル・バレンボイムの指揮によるパリ管弦楽団で
ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」~ワルキューレの騎行、
楽劇「ジークフリート」~森のささやき、
楽劇「神々の黄昏」~ジークフリートのラインへの旅、
ジークフリートの葬送行進曲、終曲、
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲、
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲、
ラ・クルティユからの帰り道
1982年5月、1983年1月にパリのサル・プレイエルで収録。
バレンボイムは1980年代のパリ管弦楽団の時代にLPで
2枚分のワーグナーの作品集を出していたそうなのだが、
以前からCDにもなっていたのだけど、序曲、前奏曲が
中心であったのが、「ニーベルングの指環」で再構成され、
この演奏はたいへんに素晴らしいので、聞いてみている。
パリ管弦楽団の色彩豊かで明るい音色も独特なのだが、
演奏会形式のスタイルだと思うけど、バレンボイムは、
実に緻密に細やかな表情を描き出して、劇場とは違う、
凝縮された音響空間と指環の世界観を創造している。

DG 00289 483 5494

|

« コヴェントガーデン王立歌劇場 | トップページ | 1月11日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コヴェントガーデン王立歌劇場 | トップページ | 1月11日の感想 »