« ロストロポーヴィチの1960年代 2 | トップページ | ロストロポーヴィチの1960年代 3 »

2020年2月20日 (木)

新型肺炎への危機感

母にご近所から電話がかかってきたことに
はじまっているのだが、地元のエリアにて
新型肺炎の患者がついに出たとの情報。
駅前のクリニックが関係しているような話で
どういうことかとちょっと検索してみたところ
あっという間に明らかになって驚きなのだが、
調べればすぐにわかることなので書くけれど、
希望ヶ丘の駅前の沢野クリニックが休業で
来院した患者がその後に新型ウイルスへの
感染が確認されて、発覚前の受診履歴から
保健所よりの報告が来たらしい。それにより
来院の日から健康観察の期間を休業すると。
昨日のニュースで明らかになったというと
神奈川では、60代男性のタクシー運転手、
都内勤務だそうだが、その人ではないかと。
大黒ふ頭にはクルーズ船が停泊しているし、
相模原の方もたいへんそうで、一気に緊迫。

|

« ロストロポーヴィチの1960年代 2 | トップページ | ロストロポーヴィチの1960年代 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロストロポーヴィチの1960年代 2 | トップページ | ロストロポーヴィチの1960年代 3 »