« キース・ジャレット 58 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 30 »

2020年8月 1日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「年を取るとなぜアイドルの顔を区別できなくなるのか?」
人種効果という、自分と同じ人種は早く認識できることが
わかっている。年を取ると同じ年齢層とのみ付き合うので、
接点のない若者の顔は、外国人のように見えてしまう。


「マリモはなぜ丸いのか?」
マリモの中は、繊維状のものがぎっしりと詰まっており、
その一本一本がマリモである。岩に張り付くものもある。
北海道の阿寒湖には、丸いマリモが生息し、丸い藻が
マリモと呼ばれるようになった。阿寒湖は遠浅の地形で
強い風が吹くことにより波の力で回転することによって、
満遍なく成長して丸くなる。背の高いマツモという藻が、
光を遮るのでマリモの天敵だが、根を張るマツモは、
嵐で根が抜けてしまうけれど、マリモは根を張らず、
嵐の波にも打ち勝って、勢力を拡大することができる。


「なぜ、肉といえば、西日本は牛、東日本は豚?」
古くは農耕や公家の移動に牛が使われていた。
関東は火山灰の影響で痩せた土地に草が生えず、
大量の牧草を食べる牛は育てられなかった。
武士にとっては、移動の速い馬が重宝であり、
関東では農業にも馬を使用し、明治になるまで
食肉は禁止されていた。外国人が肉を食べて、
横浜にはじめての牛鍋屋が開店し、日本人も
肉を食べるようになった。その後、日清・日露の
戦争で軍隊の食料として牛肉の缶詰が採用され、
東日本で牛肉が流通しなくなり、カツレツなどの
洋食ブームもあって、豚肉の生産が広まった。
戦後の食糧調達にも雑食で成長の早い豚が
取り入れられ、東日本では豚が主流となった。

|

« キース・ジャレット 58 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キース・ジャレット 58 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 30 »