« アルフレッド・ブレンデル 30 | トップページ | パーヴォ・ベルグルンド 5 »

2020年8月 2日 (日)

パーヴォ・ベルグルンド 4

パーヴォ・ベルグルンド指揮ボーンマス交響楽団で
シベリウスの交響曲全集を聞いていきたい。
「カレリア」組曲 作品11~間奏曲、行進曲風に
悲しいワルツ 作品44-1
交響詩「フィンランディア」 作品26
4つの伝説 作品22~トゥオネラの白鳥
1972年1月9,10日にサウサンプトンのギルドホール。
今年も暑い夏には、爽やかなシベリウスを聞きたい。
パーヴォ・ベルグルンドの最初の交響曲全集である。
その後にヘルシンキフィルとヨーロッパ室内管弦楽団で
合計3種類の録音を残した。今日は交響曲ではなく、
その前に最初の録音となった交響詩や管弦楽組曲。
1972年1月の録音で、あるのはこれだけなのだが、
ちょっと時間的に短く、「カレリア」組曲の第2曲で
バラードが抜けているのが不思議で、時間の都合?
また4つの伝説の第4曲でレンミンカイネンの帰郷も
このとき、録音されているようだが、残念ながらない。
いつもながらスッキリした音だが、思ったよりも明るい。

EMI 9 73600 2

|

« アルフレッド・ブレンデル 30 | トップページ | パーヴォ・ベルグルンド 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルフレッド・ブレンデル 30 | トップページ | パーヴォ・ベルグルンド 5 »