« チコちゃんに叱られる | トップページ | ジャン・フランソワ・エッセール 5 »

2020年8月15日 (土)

キース・ジャレット 59

1995年のキース・ジャレットを聞いている。
ECMのLa Scalaでミラノ・スカラ座でのソロ・コンサート。
1995年2月13日にミラノ・スカラ座でライブ収録。
パリ、ウィーンと来て、ミラノでのソロ・コンサートである。
このスタイルも完成されつつあり、音楽も深く感動的だ。
もちろん美しい響きで清らかに研ぎ澄まされた世界だが、
力が入るあまりにピアノの音色が濁ったり、ペダルの音、
踏み込む足音、キース・ジャレットのうめき声も含めて、
その生々しさが会場の空気をリアルに伝え、凄まじい。
クラシックのライブ録音以上に一期一会の空間であり、
奇跡なものを感じるし、CD制作された意義は大きい。
私はこちらもオペラも両方が好きなので、いいのだが、
ウィーン国立歌劇場(1991)やミラノ・スカラ座という、
最高峰の歌劇場でジャズのソロ・コンサートを開いて、
オペラ・ファンからの批判はなかったのであろうか?
スカラ座の常連客などは、音楽(特にヴェルディ)に
格別に厳しいそうだし、ウィーンも保守的な土地柄で
そういう中で実現できたことは、ちょっと驚きである。
20年以上前からこれらの録音が存在しているので、
考えたこともなかったのだけど、聞けることへの感謝。

ECM 1640 537 268-2

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | ジャン・フランソワ・エッセール 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃんに叱られる | トップページ | ジャン・フランソワ・エッセール 5 »