« 落語につぶやき 310~長短 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

2020年8月28日 (金)

キース・ジャレット 60

1996年のキース・ジャレットを聞いている。
ECMのTokyo'96で来日公演からの録音。
It Could Happen To You, Never Let Me Go,
Billie's Bounce, Summer Night,
I'll Remember April, Mona Lisa, Autumn Leaves,
Last Night When We Were Young, Caribbean Sky,
John's Abbey, My Funny Valentine, Song
1996年3月30日に東京オーチャード・ホールで収録。
ゲイリー・ピーコックとジャック・ディジョネットとのトリオ。
きれいに納まっているけれど、全体に落ち着いた感じで
どうも衝撃がない。異常な集中力で突き詰めていく感じ、
そういう空気の漂うライブではなく、心地よいコンサート。
洒落た仕上がりだが、押しつぶされるような力はない。
後半に行くにつれて、音の美しさが際立って感じられて、
会場の空気はますます洗練されて行っているのかも。
都市とホールによって、キース・ジャレットは変わると
いつも思っているのだが、このスタンダード・トリオも
東京ではこういう感じか。皇太子夫妻が臨席していた。

ECM 1666 539 955-2

|

« 落語につぶやき 310~長短 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語につぶやき 310~長短 | トップページ | チコちゃんに叱られる »