« ロリン・マゼール 56 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 52 »

2020年8月19日 (水)

パーヴォ・ベルグルンド 7

パーヴォ・ベルグルンド指揮ボーンマス交響楽団で
シベリウスの交響曲全集を収録順に聞いている。
交響曲 第1番 ホ短調 作品39
1974年9月9,10日にサウサンプトンのギルドホール、
交響曲 第4番 イ短調 作品63
1975年6月3,4日にアビー・ロード・スタジオで収録。
パーヴォ・ベルグルンドのイメージがあるのだが、
そうした先入観よりもたっぷりと豊かに歌っており、
力強く迫力に満ちている。音楽を追及する厳しさは
独特なものがあって、そこはベルグルンドならでは。
それにしてもシベリウスの交響曲はやはり最高だ。
私は第4番が好きで重苦しく苦悩に満ちた曲だが、
スッキリとした響きで研き抜かれて、これも哲学的。

EMI 9 73600 2

|

« ロリン・マゼール 56 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 52 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロリン・マゼール 56 | トップページ | ミヒャエル・ギーレン 52 »