« パーヴォ・ベルグルンド 6 | トップページ | キース・ジャレット 59 »

2020年8月15日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「なぜお箸を使うのか?」
本来は手食であったが、最も古く箸で食べたのは、
古代中国で、さらに古くは匙、スプーンで食べていた。
主食の穀物を匙で食べ、おかずは手で食べていたが、
羹(あつもの)という、肉や魚、野菜を煮込んだものを
熱いうちに食べたくて、二本の棒を使うようになった。
日本に箸が伝わったのは、7世紀初頭の遣隋使が
もたらしたと考えられており、聖徳太子が、隋からの
使者をもてなすのに箸食を取り入れたとされている。
平安時代になり、街に箸売りが現れ、広く普及した。


「雨が降りだしたときの独特の臭いはなに?」
雨が降り出したときの臭いはペトリコールといわれ、
ゲオスミンが主な要因である。土の中にいる放線菌が
いらないものを排出し、その中にゲオスミンが含まれる。
土の上に雨が降るとエアロゾルが発生し、土の中の
ゲオスミンを含んで、空気中に飛ぶ。都心の道端では、
埃や排気ガスが混じっており、特有の臭いである。


「扇風機に声を出すとなぜ変な声になるのか?」
扇風機の羽根に声が当たったり、羽根をすり抜けたり、
羽根に当たって、戻ってくる声も同時に聞こえている。
音波は物に当たるとはね返ってくるが、はね返るのと
抜けるのと1秒間に約30回繰り返し、変な声になる。

|

« パーヴォ・ベルグルンド 6 | トップページ | キース・ジャレット 59 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パーヴォ・ベルグルンド 6 | トップページ | キース・ジャレット 59 »