« ロリン・マゼール 55 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

2020年8月14日 (金)

パーヴォ・ベルグルンド 6

パーヴォ・ベルグルンド指揮ボーンマス交響楽団で
シベリウスの交響曲全集を収録順に聞いている。
交響曲 第5番 変ホ長調 作品82
交響曲 第6番 ニ短調 作品104
1973年6月14,24日にサウサンプトンのギルドホール。
鋭く、くっきりとした表現はメリハリを効かせているが、
まず感じるのは、明るい音色で親しみやすさである。
ベルグルンドの厳格な姿勢で向き合うシベリウスは、
研ぎ澄まされた精神で近寄りがたいような存在だが、
最初の全集ではそこまででもないように思えてくる。
この交響曲 第5番と第6番の風景は本当に美しい。
ベルグルンドは豊かな表情付けをする方ではないが、
その中で自然体に音楽が歌われている印象もある。
この数日の猛暑は、シベリウスの音楽に救われる。

EMI 9 73600 2

|

« ロリン・マゼール 55 | トップページ | チコちゃんに叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロリン・マゼール 55 | トップページ | チコちゃんに叱られる »