« 9月26日の感想 | トップページ | 小澤征爾 11 »

2020年9月27日 (日)

アレクシス・ワイセンベルク 7

アレクシス・ワイセンベルクのショパンを聞いている。
夜想曲 嬰ヘ長調 作品15-2、変ホ長調 作品55-2、
ト長調 作品 37-2、ハ短調 作品48-1、
変ニ長調 作品27-2、ホ長調 作品62-2、
ロ長調 作品32-1、変ロ短調 作品9-1、
変ホ長調 作品9-2、嬰ハ短調 作品27-1
1968年3月と1969年1-2月にサル・ワグラム、
マズルカ イ短調 作品17-4、
嬰ハ短調 作品50-3、ハ短調 作品56-3
1971年12月21日にパリのサル・ワグラムで収録。
久しぶりにワイセンベルクのノクターンを出してみた。
本当に素晴らしい。ファンにとっては、たまらない。
ワイセンベルクの硬質な表現は独特で、夜の響きの
柔らかいイメージは微塵も存在せず、しかしながら
不思議と演奏にはムードがあって、感動的である。
夜想曲の演奏曲順は独自の配置となっているが、
こちらは第1集で、実は第2集を私は持っていない。
ここでの選曲の方が好きでそれも当時あったのだが、
いま思うと半端なことをしてしまった。マズルカも最高。

EMI CDM 7 69694 2

|

« 9月26日の感想 | トップページ | 小澤征爾 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月26日の感想 | トップページ | 小澤征爾 11 »