« マレイ・ペライア 13 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 34 »

2020年10月 8日 (木)

アルフレッド・ブレンデル 33

アルフレッド・ブレンデルによるベートーヴェンで
ピアノ・ソナタ 第11番 変ロ長調 作品22
ピアノ・ソナタ 第12番 変イ長調 作品26「葬送」
ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調 作品27-1
ピアノ・ソナタ 第15番 ニ長調 作品28「田園」
1977年6月1-10日にロンドンで収録されている。
ブレンデルの二度目の全集を収録順に聞いている。
この10日間で残りのピアノ・ソナタの14曲がすべて、
ヘンリー・ウッド・ホールでまとめて録音されている。
1970年代後半で録音も素晴らしく、明るい音色で、
深みのある響きを聞かせ、ブレンデルの表現もまた
充実の極みなのであり、実に完成された演奏である。
このときはどの曲も魅力的で、しっかりとした重さで、
厚みのある音楽だが、歯切れよく、躍動感が最高。
終始、引き締まった表情で、ブレンデルの独特な
集中力が感じられて、自信と主張に満ちている。
その独自性は、個性的な仕上がりを生み出すが、
少しも逸脱したところがなく、むしろ説得力があり、
これを悪くいう人はいないであろう。続きは明日。

DECCA 478 2607

|

« マレイ・ペライア 13 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 34 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレイ・ペライア 13 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 34 »