« チコちゃんに叱られる | トップページ | アンドレ・クリュイタンス 7 »

2020年11月 8日 (日)

ダニエル・バレンボイム 47

ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンで
ブラームスの交響曲 第3番 ヘ長調 作品90
2017年10月にベルリンのピエール・ブーレーズ・ザール。
第3番の演奏時間は42分超で、これまでの知る限り、
最長の時間だと思うのだが、その速度感覚としては、
不思議なほどに違和感もなく、実に自然な流れである。
かなりゆったりと大きく、深い響きで音楽を進めているが、
バレンボイムはいつも通りにじっくりと想いを込めている。
バーンスタインやジュリーニの雄大な演奏も存在するが、
バレンボイムのテンポ感は細やかな描き込みのためで
音楽の構造もその響きも丁寧に扱い、心暖まる演奏だ。
この全集は明るい響きで、穏やかな時間が魅力である。

DG 00289 483 5251

|

« チコちゃんに叱られる | トップページ | アンドレ・クリュイタンス 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコちゃんに叱られる | トップページ | アンドレ・クリュイタンス 7 »