« リッカルド・ムーティ 33 | トップページ | キース・ジャレット 73 »

2021年1月14日 (木)

ヘルベルト・ブロムシュテット 19

ブロムシュテット指揮サンフランシスコ交響楽団で
ブルックナーの交響曲 第4番 変ホ長調
1993年6月にデイヴィス・シンフォニーホールで収録。
ブロムシュテットが得意としているブルックナーだが、
サンフランシスコでの録音は第6番とこの第4番で
とにかく素晴らしく、他の交響曲がないのは残念だ。
サンフランシスコ時代のブロムシュテットに共通の
眩しいまでの明瞭な響きは何とも輝かしい音色で
ブルックナーの緻密に織りなす様々な作曲手法を
不思議なぐらいに明確に音に再現して完璧である。
徹底したコントロールとブロムシュテットの要求に
サンフランシスコ交響楽団はどこまでも応えて、
この完成度の高さには、聞く側も圧倒されてしまう。
そういえば、ドイツ的な深い響きはあまり聞けなくて、
しかしそこが気にならないのは、ブロムシュテットの
音楽への誠実さとブルックナーへの愛情である。

DECCA 478 6787

|

« リッカルド・ムーティ 33 | トップページ | キース・ジャレット 73 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リッカルド・ムーティ 33 | トップページ | キース・ジャレット 73 »