« ギドン・クレーメル 8 | トップページ | コリン・デイヴィス 12 »

2021年3月 3日 (水)

クラウス・テンシュテット 2

クラウス・テンシュテット指揮ベルリンフィルによる
シューマンの交響曲 第4番 ニ短調 作品120
メンデルスゾーンの交響曲 第4番 イ長調 作品90
1980年4月にベルリンのフィルハーモニーで収録。
実によく歌い込まれており、感情豊かに隅々まで
心のこもった響きで、深く感動する。この時代から
1990年代の頃、テンシュテットの熱烈なファンが、
世界的にいたわけだが、こうした音楽によって、
人々を惹きつけるのだと思う。ベルリンフィルも
ドイツ的な渋い響きを基調としながら場面により
明るい色合いへの変化を見せるところもあって、
素晴らしいのである。カラヤンの支配する時代に
そのベルリンフィルにおいて、ここまで思い通りに
自分の音楽を奏でていた指揮者がいたなんて、
いまさらながら驚きでもある。それはいまだから
気付けることなのか、テンシュテットの偉大さだ。

Warner 0 94433 2

|

« ギドン・クレーメル 8 | トップページ | コリン・デイヴィス 12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギドン・クレーメル 8 | トップページ | コリン・デイヴィス 12 »