« ジョナサン・ノット 8 | トップページ | ヨナス・カウフマン 3 »

2024年5月16日 (木)

ジュゼッペ・シノーポリ 19

ジュゼッペ・シノーポリ指揮シュターツカペレ・ドレスデンで
シェーンベルクの6つの歌曲 作品8
アレッサンドラ・マルクのソプラノ独唱で
1997年9月にドレスデン国立歌劇場で収録、
映画の一場面のための伴奏音楽 作品34
ワルシャワの生き残り 作品46
1998年5,6月にドレスデン国立歌劇場で収録、
室内交響曲 第1番 作品9
1998年4月にドレスデンのルカ教会で収録。
シェーンベルクでも旋律があって、調性のある、
わかりやすい作品が集められている気がする。
6つの歌曲は、初期のワーグナー風の音色で、
どこか映画音楽的な親しみさえも感じられる。
映画の一場面のための伴奏音楽については、
この音楽が実際に付けられた映像というのが、
存在するわけではなくて、シェーンベルクの
無調音楽の方向性によって、映画の場面に
音楽を付けることができるのかの検証であり、
同じくわかりやすい作品である。この中では
ワルシャワの生き残りが前衛的な作風だが、
聞きなれた作品でもあって、実に素晴らしい。
室内交響曲 第1番はシノーポリの再録音で
ますます濃密に描き込まれているのであり、
思い切って、色合いも豊富に風景が広がる。
後期ロマン派の退廃的な華やかさを感じる。

Warner 0190295439576

|

« ジョナサン・ノット 8 | トップページ | ヨナス・カウフマン 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョナサン・ノット 8 | トップページ | ヨナス・カウフマン 3 »