2017年1月14日 (土)

座間落語会で扇遊・小菊・鯉昇

知り合いがチケットを譲ってくださり、
「ざま新春落語会」に行ってきた。
海老名から小田急相武台前に行って、
ハーモニーホール座間が会場である。

柳亭市朗:転失気
瀧川鯉昇:蒟蒻問答(餃子版)
入船亭扇遊:妾馬
入船亭扇遊:引越しの夢
柳家小菊:俗曲
瀧川鯉昇:へっつい幽霊

鯉昇師匠は録音や落語研究会の映像などで
いろいろ聞いてはいるけれど、実は生ではじめて聞く。
すごくよかった。こんなにいいとは思わなかった。
目からウロコで、そこまで書くと失礼になるけれど、
実演で聞かないとわからない。それくらいに納得!
今年の大河「直虎」で、出身の浜松が舞台であり、
浜松というと餃子で、倒れた旅人に餃子を振る舞う…
そんな親切な餃子屋さんがいくつもあったというのから
噺は「蒟蒻問答」で、最後の問答で、雲水の修行僧が
「うちの餃子にケチ付けやがった!」となるのである。
手を大きく回して、「こんなに具が入っている」って。
扇遊師匠がおめでたいところで「妾馬」だ。八五郎が
普段呑み慣れないいい酒を飲んで、すっかり酔って、
ということだけど、江戸っ子の荒々しさを出しつつも
明るく陽気に決して乱れず、いい人がにじみ出て、
そういうところに扇遊師匠の魅力が表れている。
たっぷり「妾馬」が聞けてしまうなんて、贅沢な会。
仲入り後は、「引越しの夢」だけど、コンパクトか。
簡潔にまとまっていた気がする。寄席サイズかも。
新しい女中さんにいいところを見せようと番頭さんが
近眼なのに眼鏡を掛けないで…眼鏡を取り出して
掛けてみると目の前にいる相手は新どんだった…
というところは笑えた。そこは所作で情景描写だ。
お馴染みの小菊さんの俗曲で華やいだ後は、
鯉昇師匠の「へっつい幽霊」である。道具屋さんも
夜中の二時になるとへっついを返しにくる客も
それに熊さん、勘当の若旦那で銀ちゃん、そして
ちょっとドジで、しかし何とも愛嬌のある幽霊だが、
ここに登場する人々は、みんな魅力的に描かれて、
「へっつい幽霊」でこんなに楽しんだのは久しぶり!
鯉昇師匠は、いま絶好調なのではないだろうか。
落語研究会など録画してあるので、見直してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

三遊亭圓生「福禄寿」

圓生師匠が最晩年に「福禄寿」をネタ下ろしして、
1979年7月30日の東横落語会の録音があり、
翌月の8月31日には、落語研究会の「蝦蟇の油」が
映像に残っているが、これが最後の研究会の出演で
その後9月30日に79歳の誕生日に亡くなっている。
残っている記録としては、最後のものと思うのだが、
聞いてみると老いた感じなど全くなくて、絶好調だ。
圓朝作の「福禄寿」だけど、弟の福次郎の言葉に
道楽の兄で六太郎が改心して、十円の金を元手に
福島で荒地を開拓し、資本を拵えて、北海道に渡り、
亀田村の開墾をして、名を成すという…この続き、
もう少し詳しく聞いてみたいのだが、圓朝の速記に
続編が残されているのだろうか?興味あるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

謝楽祭 2016

今年も湯島天神にて、落語協会の謝楽祭。

20160904a

雨は朝で上がって、昼からは晴れてくれたのだが、
すると暑いのである。とにかく人が多くて、
境内は異常な暑さだった。汗が止まらない。

20160904b1

特設ステージの「のど自慢大会」にて
たけ平さん、きく麿さん、市馬師匠。

20160904b2

喬太郎さんが「ホテトル音頭」…飛び入り参加?

20160904b3

ぼたんさん、たけ平さん、実行委員長の彦いちさん。

20160904b4

彦いちさん、玉の輔さん、たけ平さんに市馬師匠。
市馬師匠がのど自慢の審査員で鐘を叩く係。

20160904b5

でも結局、最後に市馬師匠が唄う。

20160904b6

二ツ目の若手噺家さんを集めて、表彰式。
わん丈さん、小辰さん、一花さん(前座)、つる子さん。

20160904b7

つる子さんが、ペヤングソースやきそば一箱獲得。

20160904c1

お囃子茶屋にて小ゑん師匠が笛の演奏。
謝楽祭ではふゆさんの「おはやしチントン店」。

20160904c2

お囃子茶屋にて、蔵之助師匠と小圓鏡さん。
蔵之助師匠のお囃子がリクエストされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

初花さん発見!驚き

20160623

2013年の暮れに落語家を廃業した
柳家初花(しょっぱな)さんをCMで発見!驚いた。
テレビに向かって、「しょっぱな!」って叫んでしまった。
郷ひろみの出ている「アラプラス 糖ダウン」のCM。
調べてみたら(本名)田村和也で俳優をしているらしい。
全く知らなかった。役者になりたくて、落語をやめたんだ。
それにしてもよく見つけたと思う。一瞬を見逃すな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

柳家喜多八師匠の訃報

5月17日に喜多八師匠が亡くなった。66歳。
歩けなくなっちゃって、ますます痩せちゃって、
みんなが心配していたのだが、ついにその日が…
「小ゑん・喜多八 試作品」によく行っていたので、
いつもそば近くで聞いていたので、ショックだ。

20160520

2010年8月8日、谷中全生庵での「圓朝まつり」にて、
「キタナヅカ」である。宝塚好きであった喜多八師匠が、
永遠ちはや(とは千早)の源氏名でパフォーマンス。
夏の「圓朝まつり」、本当に楽しかった。盛り上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

落語研究会 柳家小満ん

かなり以前に落語研究会で放送されたものから
小満ん師匠の「二階ぞめき」「中村仲蔵」を聞いている。
「二階ぞめき」では、「吉原の方へご案内…」ということで
川柳や小噺も含めて、たっぷりと吉原の説明が語られて、
丁寧に詳しく…つまりは豊かにイメージが広がるので、
噺に入ったときの理解、情景描写がまるで違うのである。
マクラは短く、すぐに噺に入る方がいいって、そういう人も
中にはいるのだが、私は小満ん流に馴れているので、
これがいい。若旦那が吉原に行って、まるでそのままに
目の前に景色が広がるのだが、これが店の二階であり、
一人芝居というのだから…そこが落語の面白さである。

「中村仲蔵」は、まるで芝居のように人物描写する演り方と
地噺で仲蔵の出世を振り返っていく演り方とあるのだが、
小満ん師匠の場合には後者の方であり、オチも付けずに
一代記という仕上がりである。小満ん師匠の「中村仲蔵」は
実演でも聞いているけれど、研究会の高座も素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

吾輩ハ猫デアル

今日から「吾輩ハ猫デアル」の連載がはじまった。
朝日新聞朝刊で、月曜から金曜日に掲載される。
夏目漱石は正岡子規と親友で、共通の趣味は
寄席に通うこと…だったそうなのだけど、漱石は、
子供の頃から落語と講釈が好きだったのである。
「吾輩ハ猫デアル」を読むとなるほど落語のようだ。
すぐに思い出すのは「狸札」で、助けてくれた人に
子狸が恩返しをしようと訪ねてくるのだけど、
狸「実に立派な方で、人間にしておくのは惜しい」
男「狸の方が偉えと思ってらぁ」
ごく当たり前な物事の考え方や常識なんてものは、
人間の勝手な都合なのであり、動物にしてみれば、
価値観はすっかりひっくり返ってしまうのである。
落語の中での犬や猫、狐に狸はそういうとこがある。
「吾輩ハ猫デアル」もまさにそれだ。実に落語的!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

柳家小ゑん「本田宗一郎物語」

昨日、買ってきた小ゑん師匠の最新盤、
「本田宗一郎物語」を早速に聞いている。
2012年11月17日に本田宗一郎の故郷で
浜松市天龍の尾張屋旅館で収録されている。
聞くと思いだす。よく覚えているな。楽しい。
新作落語だけど、地噺で伝記を語っていく…
知識の膨大な師匠のお喋りを聞いているようで
何ともいい噺、貴重な録音だ。聞きまくろう!
圓丈師匠の「グリコ少年」とかもあるけれど、
戦後の日本の発展を支えた偉人たちの物語、
こういった一代記って、もっと聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

三田落語会 春風亭一朝

iTunesで配信されている三田落語会の録音から
第22回三田落語会(夜席)の一朝師匠で二席。
「三方一両損」と「芝浜」で、いよいよ年末!「芝浜」だ。
2012年10月27日に仏教伝道センターホールで収録。
一朝師匠の「文七元結」を聞いたが、今度は「芝浜」で
大晦日の風景である。この二席、財布を拾う噺であり、
「三方一両損」は、財布の中の書き付けに従って、
落とした本人に届けてやるという…江戸風の展開だが、
「芝浜」では、一年後に落とし主不明で戻ってきたという
明治の雰囲気である。「三方一両損」で、啖呵を切る…
この江戸っ子の喧嘩の感じは、一朝師匠は最高だが、
「芝浜」の夫婦のやり取りが素晴らしくて、実に感動した。
今年も「芝浜」を聞けて、よい年越しである。大満足だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

林家正蔵「からっ風侍」

八代目正蔵師匠の「からっ風侍」と「笠と赤い風車」。
以前にこの「からっ風侍」の録音をネットで聞いたのだが、
長らく消されていたのだけど、最近、再び出会えて、
今日は聞いてみている。素晴らしい。江戸の終わりで
慶応四年五月十五日の上野戦争の場面にはじまり、
明治の新しい時代になって、辛く苦しみながらも
必死に生き抜いていく幕臣の噺である。調べてみたら、
原作は村上元三という直木賞作家の作品であるらしい。
「笠と赤い風車」も同様で、こちらは平岩弓枝の作品。
感動的だ。赤い風車に象徴されるふたりの母の存在。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧