2019年2月12日 (火)

2月12日の感想

先週、マゼール指揮の歌劇「トゥーランドット」を聞いて、
その後、YouTubeでいくつかの演奏も聞いてみたのだが、
すると改めて思うのが、1980年代前半のマゼールは、
音楽の輪郭を実に克明に描き出して、その明快さには、
驚かされるし、やはり感動的だ。隅々までくっきりと鳴らし、
その少々やりすぎの感覚には、通常のオペラファンには、
堅苦しく、息苦しくも感じられるかもしれない。そこまでの
徹底したこだわりと響きの緻密なコントロールなのである。
逆の印象では、ザルツブルク音楽祭のゲルギエフであり、
しなやかさの反面、流れすぎの印象がある。ところどころ
聞かせどころで集中力を見せる一方、それ以外について、
あまりこだわりなく、流れに身を任せているかのような。
重要な箇所での気合いの入れ方とそれをつなぐ音楽で
その描きわけというのは、ゲルギエフの要領のよさか。
第3幕後半の未完部分をベリオが補筆した版により、
素晴らしいのだが、そこはやはりベリオの音楽である。
すごくよかったのが、オランジュ音楽祭での野外劇場で
ミシェル・プラッソン指揮の演奏である。カラフを歌うのは
ロベルト・アラーニャで、そちらも注目なのだろうけど、
「トゥーランドット」の革新的な響きに意識を向けずに
プッチーニらしい音色を豊かに鳴らして、自然な演奏。
この作品における前衛性は、私にとっては重要だが、
そうではないところでミシェル・プラッソンは魅力を発揮。
CDに話を戻すと主張が強いけど、カラヤンの演奏が、
やはり素晴らしいと思う。メータ盤を近く聞くことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

2月11日の感想

去年の12月に最新型のTOTOレストパルに
トイレの交換をしたのだが、この二か月間、
非常に快調だったのだけど、セットしてある
トイレットペーパーが残り少なかったので、
便座や便器をきれいにしようと水を含ませつつ、
掃除をして、少し多めの紙を流したものだから
詰まってしまった。節水トイレは詰まるらしい。
TOTOに問い合わせたところ、紙詰まりは
故障ではなく、ラバーカップを購入してきて、
自分で直してほしいと。それか、水道業者。
急遽、ホームセンターに出かけて、買ってきた。
なかなか要領がわからず、水は跳ね上がるし、
苦労したけど、スッキリ流れた。一度できると
こういうものかとわかるけど、はじめての経験。
エコの時代で節水は大切だけど、紙を使ったら
しっかり「大」で流す。紙の量でマメに流す。
節水トイレには、ラバーカップが必需品らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「歩いていると靴に小石が入るのはなぜ?」
人差し指一本ぐらい入るのが、足に合った履き方で
歩くと「ふいご現象」が起こり、換気が行われて、
靴の中の蒸れが防げる。跳ね上がった小石が、
ふいご現象の気流で吸い込まれ、中に入ってしまう。

「ホットドッグはなぜドッグ?」
ドイツのフランクフルターが使われている。
1860年頃、アメリカで売られるようになり、
熱いのでパンに挟んで出されていた。当時は、
「ダックスフント・ソーセージ」と呼ばれていたが、
タッド・ドーガンが、野球場で売られている情景を
漫画に描こうとし「Duchshund」の綴りがわからず、
「HOT DOG」と書いてしまったところ、それが全米で
有名になり、ホットドッグで知られるようになった。
日本では、1934年の日米野球で、甲子園球場にて
はじめて売られたが、ソーセージが珍しかったので
食べ方がわからず、パンだけを食べていたらしい。

「もみあげはなぜもみあげ?」
1700年頃、「もみあげ」と呼ばれるようになった。
それ以前は、「耳脇毛」といわれていたが、
結髪(けっぱつ)という、髪を結ぶのが流行し、
耳の脇の毛が、はじめて見えるようになった。
江戸っ子の間で、耳脇毛が、ミミワゲとなり、
モミアゲと訛って、そう呼ばれるようになった。
頬骨の上辺より上が、もみあげとされている。

「車のタイヤのゴムはなぜ黒か?」
最初は木の輪に鉄を巻いた車輪であった。
1867年、白い天然ゴムに硫黄を加え、弾力を出し、
ゴムで巻いた車輪を考案した。しかし熱に弱く、
走行中に破れ、1912年、カーボンブラックという
黒い粉を混ぜ、丈夫で長持ちするよう改良した。
現在はホワイトカーボンというシリカの粉末を加え、
さらに丈夫なタイヤが製造されているが、人は
黒いものの方が強く感じる傾向があり、わざわざ
カーボンブラックを加え、黒いタイヤにしている。

「公衆電話はなぜ50円玉が使えない?」
硬貨を識別する装置を電話機の中に入れると
大きくなってしまい、電話ボックスの広さには
限界もあるので、10円と100円のみが使える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

2月6日の感想

プッチーニの「トゥーランドット」を長く聞いていなくて、
かなり久しぶりに聞いてみようと思っているのだが、
「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」で
ウィーン国立歌劇場で「トゥーランドット」を鑑賞中の
オーストリアの首相が、シンジゲートの暗殺者に
襲撃される場面があり、第2幕の後半で暗殺者が
狙撃の準備をはじめ、ここで「誰も寝てはならぬ」の
メロディが最初に少しだけ流れるが、イーサンが
イルサ・ファウストの姿を発見する。この旋律が、
映画全体を通して、イルサのテーマとなっている。
ロンドンの駅でイルサに再会する場面や最後の
ソロモン・レーンを捕え、イルサとの別れの場面で
やはり「誰も寝てはならぬ」のメロディが流れる。
第3幕に入って、カラフが「誰も寝てはならぬ」の
アリアを歌っている最大の盛り上がりのところで、
首相が狙撃される。その直後、上演は中止され、
歌劇場は封鎖となるのだが、ここは前半の山場。
歌劇の進行、音楽の展開と劇中の首相の暗殺が
ぴったりとはまって、実に上手い演出で最高だ。
映画前半でイーサンがシンジケートに捕らえられ、
はじめてイルサが現れるシーンでは、謎の存在で
「誰も寝てはならぬ」の旋律が不安げな印象で
挿入されている。イルサが振り返り、はじめて、
イーサンが顔を見る瞬間のことで、緻密な映像。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

2月3日の感想

節分の日の「いだてん」だが、いろいろと満載。
ビートたけしの志ん生は、「芝浜」の噺にのせて、
オリンピック予選を語り出すし、つまりオチは、
「また夢になるといけねえ」で、金栗四三さんは、
走った後で水が飲みたいのだけど、やめておく。
そして一方、志ん生の若いときで美濃部孝蔵は、
橘家圓喬に遭遇して、圓喬が人力車に乗って、
「鰍沢」を稽古しているのである。この辺は最高。

ちなみに「魚河岸が日本橋に移転する前は、
芝の浜にあった」という台詞は間違えで、
日本橋と芝は、両方ともあったのであり、
芝の河岸は、小魚専門の雑魚場だったという
その辺は「芝浜」を聞くと知っている落語の知識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「炬燵に入ると眠くなるのはなぜ?」
炬燵で暖まると体温が上がり、熱が放出されて、
深部体温が下がり、脳の温度が下がって眠くなる。
睡眠時には、脳の温度を下げて、脳を休ませる。
炬燵では、足の温度が上がり、手から熱が放出され、
深部体温が下がる。睡眠時は深部体温が1℃下がる。

「なぜカレーパンは揚げるのか?」
江東区森下にある1877年創業のパン屋さんで
1927年、二代目の中田豊治がカレーパンを考案した。
大正から昭和の洋食ブームであり、カツレツに似せて、
パンを揚げ、カレーライスとミックスし、カレーを入れた。

「桃太郎はなぜ桃から生まれたのか?」
江戸時代の桃太郎の話では、桃を食べたおばあさんが、
若い娘になり、おじいさんも桃を食べて、若返って、
生まれてきたのが桃太郎であった。明治時代になって、
検定教科書に載せるのに桃から生まれたことにした。

「はやぶさ2は何をしに宇宙に行ったのか?」
地球生命誕生の謎を探るため、約3億キロ離れた
小惑星リュウグウから地球の原材料となった物質を
持ち帰ろうとしている。46億年前、微惑星が衝突して、
衝撃の熱でドロドロになり、それが冷え、固まって、
地球ができた。原材料は溶けて、残されていない。
小惑星の物質から地球誕生を解明しようとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

チコちゃんに叱られる

今週のチコちゃんも再放送で、そろそろネタ切れ?
考えごとをすると上を向くのはなぜ?というので、
なぜだったか?忘れてしまったが、目からの情報が多く、
集中するために外部からの情報を遮断するのであった。
温泉旅館で部屋のテーブルにお茶菓子があるのは、
空腹で温泉に入り、血糖値が下がってきてしまうのを
防ぐため。これはこの前、同じくNHKの「さし旅」でも
温泉マニアの回に登場、ご案内役の先生も同じだった。
入浴の30分前に食べるのが効果的。水分補給も必ず。
日本の中心を表明している場所は、全国にたくさんある。
重さの単位を定める国際キログラム原器は、パリ郊外の
国際度量衡局に保管されている。昨年末に新しい基準を
会議で決定するということだったけど、どうなったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

1月26日の感想

また大河ドラマ「いだてん」についてだけど、
毎週、新聞夕刊に掲載される視聴率ランキングで
1位の「まんぷく」に比べ、「いだてん」は入っていない。
先週の第3回も振るわなかったらしい。面白いけど。
でもネットで調べると13.2%となっていて、第2回よりは
少し改善されて、4年前の「真田丸」みたいにきっと、
これから回を重ねるにつれて、人気も出てくるだろう。
それはいいとして、今回の注目は、荒川良々の演じる
志ん生の弟子で日暮里の家にいる「今松」という噺家。
これって、今松師匠のこと?でも時代が合わない。
先代馬生師匠のところに入門したのが昭和40年で
前座名は「駒次」、昭和45年の二ツ目昇進までは
その名前なので、やはり違うか。というよりも入門が、
オリンピックの翌年なので、やはり架空の人物だ。
ならば、別の名前にした方がよかったのではないかと。
神木隆之介の「五りん」は架空らしい。漢字で「五輪」?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

1月22日の感想

最近の耳違いの話からビールのCMで
矢沢永吉が「神泡」といっているのだが、
私にはそれが「亀山」と聞こえてしまう。
大きく「神泡」と表示されているのに
それでも「カメヤマ」と聞こえる。なぜ?

こちらは以前からの疑問で「ミッション・インポッシブル」で
トム・クルーズのイーサンが無線でベンジーを呼ぶとき
「聞こえるか?」とか「応答せよ!」といった意味だろうけど
「Benji, Do you coffee?」…コーヒー?の訳がないのであり、
調べてみるとこの質問は多く、教えてくれている人がいて、
「Do you copy?」であるらしい。いったことを復唱できるか?
つまり「理解できたか?」という意味なのであろう。なるほど。
「Do you copy?」に対して、ベンジーは「We copy.」と返答。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

1月20日の感想

大河ドラマの「いだてん」が、第2回の放送で
視聴率が急落したらしい。12%ぐらいのようで。
初回は15.5%で、「西郷どん」は上回ったが、
でも数字はどうであれ、どちらも面白かったけど。
講道館の嘉納治五郎はなんとなく知っていたが、
金栗四三はさすがに知らない。聞いたこともない。
どうしても主人公の知名度のなさは影響してくる。
そういう中で第2回に登場した松尾スズキ演じる
四代目橘家圓喬には大興奮!伝説の名人である。
まさかドラマの中で圓喬に出会える日が来るなんて。
昭和の名人志ん生の憧れの師匠だったのであり、
名人といえば、圓喬師匠の名前を挙げていたと
志ん朝師匠が父志ん生のことを振り返っていた。
志ん生が落語の世界に入る前の美濃部孝蔵であり、
その橘家圓喬に出会うのが第2回の放送であった。
今日の第3回では、どうなることやら、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧