2020年10月17日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「猫舌の人がいるのはなぜ?」
口の中に入れたときに味を感じるのと同時に
舌で温度を感じている。主に舌の先端で感じる。
舌の先を熱いものに付けないようにすれば、
熱さを感じない。舌を奥に引っ込めて食べる。


「妻の呼び方がいろいろあるのはなぜ?」
妻、嫁、女房、奧さん、カミさん、家内など。
正しいのは、一番古い呼び名の「妻」である。
嫁は鎌倉時代からで、自分の息子の妻であり、
親が嫁と呼ぶ。良い女(よいめ)が嫁となった。
女房は平安時代からで、身分の高い人が、
使用人の女性を女房と呼んだ。使用人のこと。
室町時代には、妻は屋敷の奧の方に住まわせ、
奥方と呼んだ。本来は使用人が奥さんと呼ぶ。
自分よりも目上の人を上様(かみさま)といい、
上様がカミさんとなって呼ばれるようになった。
明治時代になると、男は外で働くようになり、
専業主婦で家の中にいる人を家内と呼んだ。


「シャツのボタンはなぜ男女で向きが違う?」
シャツのボタンは、男性は右側に付いており、
女性は逆に左側に付いている。男性は自分で
着やすく、女性は人に着せてもらう作りである。
多くの人が右利きで、男性は自分で留めやすい
右側にボタンが付いており、19世紀の中頃、
裕福な女性は華麗なドレスを着て、使用人に
着せてもらうのが主流であった。そのために
服を着せやすい左側にボタンが付いている。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「なぜ和菓子というとあんこなのか?」
あんこは、元々は甘くなかった。餡子の餡とは、
食べ物の中に詰めるもののことをいい、鎌倉時代、
日本に入ってきたときには、中に詰めるものは、
塩で味を付けた肉や野菜であった。仏教では、
肉を食べることはできず、代わりに小豆を入れ、
赤い小豆は邪気を払うとも考えられた。その後に
体によいものとして、甘みを付けるようになり、
江戸時代には、砂糖が作られるようになって、
庶民の間でも甘いあんこが広まっていった。


「歌うとストレス解消できるのはなぜか?」
大きな声で歌うことでだ液が大量に分泌される。
副交感神経が優位になり、リラックス状態になる。
顔の表情筋が動き、喜びの記憶がよみがえる。
古くから人々は、歌で喜怒哀楽を共有してきた。


黒板のチョークはホタテの貝殻から作られている。
キャッサバからでんぷんを採り、黒糖を加えて、
タピオカの素が作られる。コラの実(西アフリカ)に
スパイスを加え、炭酸水で割るのが元々のコーラ。


「服を買うと布の切れ端が付いてくるのはなぜ?」
既製品の服が普及したのは、1950年頃のことで
当時の服は高価であったため、穴が開いても
共生地(ともきじ)をかけつぎして、穴をふさいだ。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

9月26日の感想

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で
9月開幕の2020/2021シーズン(来年5月まで)の
全公演の中止が決まったらしい。感染対策で
劇場内での安全を確保できないとの判断による。
ウィーンの国立歌劇場などは対策をしつつ、
公演を再開しているが、ニューヨークは厳しい。
日本はGOTOイベントとか、客席定員100%を
復活させる動きだけど、大丈夫なのであろうか。

| | コメント (0)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「国旗はなぜ三色か?」
世界で最初の三色国旗はオランダ国旗である。
スペイン領であったオランダが独立を宣言し、
ウィレム家の家紋から三色をとって、国旗とした。
シンプルな三色旗は民衆の独立心を高揚させ、
1609年、独立を果たした。当初、その三色は、
独立と繁栄の象徴でオレンジ、白、青であったが、
船上の旗が潮風で色褪せてしまい、オレンジを
赤に変更した。その後、ロシアがオランダをまね、
同じ三色の配列を変えた国旗とした。フランスは、
同じ三色の縦縞とした。イタリアはフランスをまね、
青を緑に変えた国旗とした。197の独立国のうち
三色国旗の国は、現在、55か国あると思われる。


「バナナの皮はなぜ滑るのか?」
チャップリンが、1915年の映画で、バナナの皮に
滑る演技を披露して、広く知られるようになった。
バナナの皮の内側にある白い粒々がつぶれて、
ヌルヌルの粘液が飛び出し、摩擦力が低下する。
粘液の保水性が、暑い国で水分を守っている。


「硬貨にはなぜ製造年が刻まれているのか?」
19世紀初頭のイギリスで1ポンド=金7.3gと定める
金本位制がはじまった。アメリカも1ドル=金7.5g、
フランスの1フラン=金0.3gとイギリスに習い定め、
日本でも1円=1.5gとしたが、日本では品質が悪く、
偽造も多かったため、世界からの信用が低かった。
日本では、きちんと金1.5gが入っていることを守り、
金の量が変更されても区別が付くように製造年を
硬貨に記載した。第一次世界大戦で金が不足し、
管理通貨制度に変わり、金は含まれなくなったが、
以前の名残で硬貨には製造年が刻まれている。
紙幣は5年程度しかもたず、製造年は入れない。

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「お弁当のタコウインナーはなぜ?」
琉球王国の最後の国王尚泰の孫で尚明の次男、
尚承は食が細く、母の道子さんは幼稚園の弁当に
ウインナーを入れたが、当時のものは皮が硬く、
食べにくかったので、切れ目を入れて焼いたところ、
足が開いて、タコのような形に仕上がった。道子の
妹は料理記者の岸朝子で、姉の道子が、はじめて
タコウインナーを作ったことを紹介して広まった。


「寝ているときにビクッとなるのはなぜ?」
人の眠りは、覚醒と睡眠を繰り返しており、
眠りに入るタイミングで筋肉の収縮が起こる。
それをジャーキングといって、睡眠不足のとき、
疲れているとき、運動の後などに起こりやすい。


「数学をなぜ学ぶのか?」
小学校の算数と数学では、学ぶ目的が違っており、
数学では、論理的な思考を身に付ける勉強をしている。
計算方法を学ぶ算数に比べ、数学では、問題を整理し、
論理的な思考を行っている。方程式では、「わかる」
「わからない」ことをハッキリとさせ、それを整理する。
因数分解では、同じ作業をまとめて行うことで、
効率的に物事を進めることを学んでいる。などなど。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「山手線ってどこからどこまで?」
品川から新宿を経由して田端までが山手線である。
東京から田端は東北線、東京から品川は東海道線。
新橋~横浜に続いて、上野~高崎が開通した。
高崎と横浜をつなげるために赤羽~品川を結び、
田端から水戸への常磐線ともつなぐために、
田端~池袋を開通させた。当初、反対されていた
上野~新橋も鉄道の普及により理解が得られ、
1925年に山手線の環状の路線が開業された。
低い場所に位置する田端駅から池袋方面を見ると
山ばかりの地形に線路を敷いたので山手線である。


「救急車のピーポーピーポーはなぜ?」
パトカーはウー、消防車はウーカンカンカン、
救急車はピーポーピーポーのサイレンを鳴らす。
昭和45年までは救急車の音もウーであった。
消防団は地元の会社員や自営業の人で構成され、
サイレンの音を聞くと仕事を放り出して出動した。
しかし火事ではなく、パトカーや救急車であり、
消防団から苦情が出た。消防庁の要請により、
音を変更することになり、フランスを参考にして、
ピーとポーの2つの音を組み合わせることにした。
ビブラートをかけ、注意喚起を促し、救急車での
病人のストレスにならないよう、シとソの連続音で
昭和45年に採用された。消防車はウーの音に
カンカンカンという半鐘を連想させる音を加えた。


「レストランの氷に穴が開いているのはなぜ?」
冷やした製氷皿の溝に水を噴射して作っている。
マグネシウムなどの不純物は余った水と落ちて、
取り除かれるため、水分子同士がきれいに並び、
空気や不純物のない透明で丈夫な氷ができる。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「100万ドルの夜景ってなに?」
海外では、きれいで価値のあるもののことを
100万ドルといった。関西電力の当時の副社長で
中村さんが、六甲山の展望スポットから見える、
夜景のひと月の街の電気代を計算したところ、
3億6000万円となり、1ドル360円の時代で、
実際に100万ドルであった。夜景鑑定士による
日本の美しい夜景は、第3位は北九州市、
第2位が札幌市、第1位は長崎市であり、
第4位が兵庫県神戸市の夜景であった。


「なぜ虫は小さいのか?」
体の中に骨がなく、外骨格が体を支えている。
大きくなると自重を支えられなくなってしまう。
また肺がなく、気管呼吸で気門から酸素を
取り込んでいる。体が大きくなると十分に
酸素が体内に行き届かなくなってしまう。


「にらめっこってなに?」
平安時代の終わりに目競(めくらべ)として、
戦(いくさ)に勝つための武士の訓練であった。
日本人は正面切って対面するのが苦手であり、
真正面で相手を見据え、勝つための鍛錬をした。
にらみっこであったのが、にらめっこと変化した。
鎌倉時代には、相手を笑わせる遊びとなって、
江戸時代には、にらめっこのわらべ歌も生まれ、
子供の遊びとなり、ダルマとは達磨大師であり、
決して笑わない達磨を笑わせたら勝ちである。

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

チコちゃんに叱られる

金曜日のチコちゃんは、安倍総理の辞任表明で
放送中止になって、土曜の朝は去年の再放送で
蚊取り線香の渦巻きは、とぐろを巻いた蛇の形。
恐らく金鳥(大日本除虫菊)だと思われるが、
創業者の上山英一郎が、棒状の蚊取り線香を
渦巻きにして発売した。二本を巻いて作った。
シロバナムシヨケギク(除虫菊)に含まれる
ピレトリンがノミ、ダニ、蚊にも効果を発揮。
長さ20cm、40分の棒状の線香を渦巻きにして、
長さ60cmで6時間、効果が持続するようにした。
人は寝ているときも音は聞こえているのだが、
話しかけても起きないのは、脳が安全な音と
判断している。動物にとっては、寝ることは
死との隣り合わせであり、寝ていても音は
脳に届いているが、聞き慣れた音は安全とし、
聞き慣れない音は危険だと感じる。それも
次第に慣れてくると安全だと思うようになる。
日本の国道は、明治18年、1~44の番号を付け、
東京を起点に制定された。1~12号は基幹の道、
13~35号は県庁を結び、36~40号は北海道の道、
その後、57号まで追加。101~244号は二級国道、
以降も追加され、沖縄返還で58号線が追加された。

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「肉じゃがってなに?」
海軍の料理を任されていた主厨(しゅちゅう)が
リウマチと気管支炎がひどい東郷平八郎のため
栄養の摂れるビーフシチューを作ろうとしたが、
材料を集められず、赤ワインの代わりに醤油を
甘みを出すのに砂糖を加え、料理を完成させた。
味は違っていたが、おいしく、甘煮と名付けられ、
後に肉じゃがと呼ばれ、家庭料理の代表となった。


「お地蔵さんって誰?」
2500年前に亡くなったお釈迦様の代わりに
すべての人を救ってくれるのが地蔵菩薩で
それは閻魔大王であると考えられている。
ヒンドゥー教の裁きの神、仏教の救いの神で
お地蔵様の姿になって、見守ってくれている。
日本へは平安時代に伝わり、恐ろしい閻魔は
人々の道徳心を育てると考えられてきた。


「なぜ子供は縁石の上を歩くのか?」
子供にとって、新たなアフォーダンスの発見で、
自分の能力を高めようとしている。また限界の
ギリギリに挑戦するフロー体験をしたいと思う。
大人になるとフロー体験に入り込まなくなるが、
横断歩道で白線だけを踏むのはそれといえる。


「指揮者はなぜ手を振るのか?」
作曲家は演奏するために曲を書き、作曲者自身が
演奏していたが、時代が過ぎ、過去の作曲家による
作品を再現するようになった。メンデルスゾーンは、
埋もれていたバッハのマタイ受難曲を見つけ出し、
人々に紹介したいと考えた。過去の作品を解釈し、
表現するために指揮者の存在が必要となった。
奏者は指揮者の指揮を見て演奏し、ズレが生じて、
指揮者は先振りという一瞬先の未来を演じている。


「なぜ夏に怖い話をするのか?」
夏になると怖い話をするのは日本だけである。
お盆には無縁仏や悪霊も戻ってくると考えられ、
恨みや怒りを鎮める供養の盆狂言が行われた。
夏は歌舞伎の芝居小屋に客が寄り付かなくなり、
クーラーのない時代、夏は芝居の天敵であった。
客の入りも悪くベテランの役者が夏休みをとって、
若手だけで興行を打たなくてはならない小屋は、
盆狂言に目を付け、派手な演出で客を集めた。
1804年の「天竺徳兵衛韓噺」がはじまりであり、
「四谷怪談」「番町皿屋敷」「牡丹燈籠」などの
現在につながる歌舞伎の名演目が生まれた。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

8月17日の感想

20200817

新型コロナウイルスの一日の感染者数を
自分でグラフにしたら、何か発見があるのか?
新規感染者は多いけれど、増加は少し止まっている。
夏休みだからか、連休だったからか、お盆だからか、
集計と報告が間に合っていないだけかもしれない。
しかし連休明けなど、検査数は6000を超えていて、
陽性率が7%程度で、すると400人は越えてくるはず。
お盆が明けて、今週も同程度で推移するのであれば、
第二波もピークは過ぎたといえるのかも。夏休みで
人出は増えて、帰省はなくても人が動いているので、
そう簡単ではなさそうな気もするのだが、要注意だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧