2018年10月15日 (月)

事件に遭遇することでの恐怖心

土曜日の晩、帰りのこと、駅を出て歩きはじめると
すぐにパトカーが止まっており、交通事故か?
酔っ払いの喧嘩か?そんなところかと思ったら、
周辺はただならぬ雰囲気。パトカーに並んで
止まっている車は、サイレン付の覆面パトカー。
手前から規制線が張られて、道路は通行止め。
コンビニの中で鑑識作業中。正面スーパーの
通路を通り抜けて、人のみ通行できる状況。

全く状況はわからなかったが、帰ってきてから
こういうときはTwitterに情報がないか調べる。
それがよくなかった。具体的な目撃情報はなく、
あるのは推測ばかり。どれを信じればいいのか?
わからない。出ていたのは、殺傷事件の発生、
犯人は逃走中、酔っ払いの喧嘩との噂もあり。
あること、ないこと、デマが飛び交い、不安を煽り、
そうなってくると恐ろしい。そこで感じたことは、
こういう場合、ハッキリとした情報を公開すべき。
何が起きたか聞いた人に警官は答えないらしい。
きちんとした情報がないから憶測が独り歩きする。
犯人が逃亡しているのなら、危険ではないか!

翌朝になって、テレビ朝日系のネットニュースで
動画もありで、あらましのことがはじめてわかった。
「殺傷事件発生」も「犯人逃走中」も事実であった。
真実を知って、事の大きさを知るということもあるし、
もっと恐ろしいのが、情報がないことの不安である。
知らずに済めばそれが一番いいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「なぜ女性は電話に出ると声が高くなるのか?」
声の高さは声帯の長さや太さに関係している。
声が高いのは子供で、大人は声帯が長く、太くて、
声は低くなる。電話では顔や表情が見えないので
声の高さや調子を調節して、自分は子供のように
無害であることを伝えようとしている。相手に対し、
従順であることを伝えようとしていると考えられる。
声が高い方がよいのは、日本独特のことであり、
欧米では、声が低い方が大人で、安心感がある。
声を変えるのは隠し事があると考えられてしまう。

「カツオのタタキはなぜ叩くというのか?」
江戸時代、土佐の山内一豊は食中毒を恐れ、
カツオを生で食べることを禁止した。当時は
塩などの調味料はたいへんに貴重であり、
塩をふって叩き、まんべんなく馴染ませた。

玉を投げてピンを倒すのは、ボウリング、
一方でボーリングは、「穴を掘る」の意味。
アボガドではなく、アボカド(avocado)である、
鞄はアタッシェケース(attache case)だ。

「運動会はなぜ行われるのか?」
日本初の運動会は、海軍兵学寮での竸闘遊戯。
当時は、スポーツという概念がなかったために
兵学の勉強ばかりで学生が悪い遊びをしないよう
運動をさせようとした。イギリス人教師が競技を決め、
「すずめのすだち」は140m走、
「ふるだぬきのつぶてうち」は玉投げ、
「こもちざるのかけぬけ」はおんぶ競争など。
これを知った文部大臣は全国の学校に取り入れ、
戦争中は軍事色が強かったが、戦後はそれも消えた。
競走の「位置について、よーい」という掛け声は、
神田の山田秀夫さんが作った。ただし募集は一人、
一件に限られていたので、弟の山田敏夫で応募した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「高いところに行くと体がムズムズするのはなぜ?」
高所の恐怖による体の反応であり、脳の中で
「逃げろ」と「動くな」の二つの指令が出ている。
「逃げろ」というときには筋肉が締まり、
「動くな」のときには筋肉が緩まる。
トイレに行く波と行かない波が同時に押し寄せ、
それによって、体がムズムズするのである。
高所での作業に慣れている人は、脳の指令が
出なくなり、ワイヤーによる安心感も大きい。

「おそば屋さんにカツ丼があるのはなぜ?」
早稲田大学の前にある三朝庵という老舗そば屋で
カツ丼は生まれた。1918年、初代加藤朝治郎が考案。
仕出し屋からとったトンカツが当時は大人気であり、
ある日、宴会がキャンセルになり、大量のトンカツが
残ってしまった。常連客が、玉子丼みたいに煮たら
柔らかくなるのではないかと注文を出し、そばつゆに
トンカツを入れ、卵でとじてみたところ、旨かった。
カツオ節がトンカツの旨味を引き出し、また同時に
大量に作るそばつゆも有効に活用できて普及した。

「なぜ学校でウサギが飼育されるのか?」
ウサギは、鳴かない(声帯が発達していない)、
噛まない(子供が怪我をしないように)、
昼間は起きない(夜行性)などにより、
飼育に向いている。馬房にウサギを入れて、
馬の性格を穏やかにする矯正法などもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

10月3日の感想

20181003

埼玉の叔父が来てくれて、お墓参りに行ってきた。
うちの墓には、父しか入っていないが、この墓の場所は
母と私しか知らなくて、誰かに知っておいてもらわないと
なんとなく不安であり、ということで、来てもらったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

10月1日の感想~台風被害

20181001

今回の台風24号で雨戸が壊れてしまった。
隣が現在、空地になっていて、それが強風の
大きな要因になっているのではないかと推察。
四方を家に囲まれた空地の中で竜巻のような
変則な強風が巻き起こったのではないかと思う。
鉄製のフレームが捻じれて曲がってしまった。
午後、知り合いの工務店に急遽、来てもらって、
交換の手筈を頼んだのだが、恐ろしいのは、
来週の続く25号の台風で、間に合わないので、
壊れた雨戸をとりあえず応急処置で戻して、
テープで動かないように固定してしまおうかと。
こんなことははじめてだが、しかし教訓であり、
台風の恐怖を体感すると危機意識が高まる。
目張りをするなど隙間をなくしておくべきだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

9月30日の感想~レモスコ

昨日は雨だったけど、台風の前に日本橋三越へ
「日本伝統工芸展」を見に行ってきたのだが、
銀座に寄って、広島県のアンテナショップで
「レモスコ」を買ってきた。以前にテレビで見て、
ずっと気になっていたが、やっと手に入れた。
レモスコは、レモンのタバスコで、広島レモン、
海人の藻塩、九州産青唐辛子による辛味、
爽やかな味でこれは気に入った。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「東海道新幹線はなぜ青と白?」
新幹線の色を決める会議の席で机の上にあった
タバコの箱の青と白のイメージを参考にした。
タバコの「hi-lite」の箱を見て、これでどうだろう
という意見にみなが賛同してその色に決まった。
「hi-lite」は当時、世界最高の売り上げを記録。
この頃の車輌は、ブレーキの鉄くずで汚れたが、
新幹線では改良し、鉄くずが出なくなったことで、
車体を白く塗装することができるようになった。
新幹線ブルーとして、青20号で登録されている。

「なぜマイクを持つと小指がピーンと立つのか?」
人間はそっとモノをつまもうとすると小指が
ピーンと立つ。人間がモノを持つとき、握ると
つまむの二種類がある。つまむは握る動作に比べ、
曲げる力を弱める。筋肉の動きが違っており、
小指には小指伸筋があって、独立して動かせる。

「大阪のおばちゃんはなぜアメにちゃんを付ける?」
豊臣秀吉は大阪に商人の町を作った。
天下の台所ともいわれ、丁寧な言葉使いが求められ、
京都を参考に「船場ことば」を作り上げた。そこでは、
「さん」を付ける。「ちゃん」は親しみが込められており、
アメについては、アメさんではなく、アメちゃんとなった。
大阪市平野区の界隈で、アメが名物となっていたが、
大阪のアメ消費量はというと全国44位で少ない。

「なぜビールはたくさん飲めるのか?」
水はそれほどには飲めないが、ビールはたくさん飲める。
ビールの中にある特定成分が消化管運動を促進する。
胃の中のものを先へ送り、消化器官の活動が促進される。
胃を広げる効果もあり、体から水分を出す効果もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「考えごとをするとなぜ上を向くのか?」
考えるとき、脳は大量の情報を処理しようとする。
目から入る情報が多く、上を向いて、遮断しようとする。
心理学では、過去のことを考えるとき、左上を見て、
未来のことを思うとき、右上を見るといわれている。

「なぜ温泉旅館の部屋にはお菓子が置いてあるのか?」
体のエネルギー源は、主に糖である。空腹のまま、
温泉に入るとますます血糖値が下がってしまう。
温泉旅館では、体調を壊さないように部屋にお菓子を
用意している。入浴の一時間ぐらい前に食べるとよい。

「日本の中心はどこ?」
特に定まっておらず、たくさんある。確認できるのでも
28か所はある。北海道から九州を円で囲ったときの
中心が群馬県渋川市。日本のへそともいわれる。
兵庫県西脇市はゼロポイントといわれており、
東経135度と北緯35度が交わるところ。
本州の重心は長野県小川村、本州の中心碑がある。
岐阜県郡上市は人口の重心。しかしそれは過去で
現在は人口のバランスが変化し、岐阜県関市である。
などなど、いろいろだが、青森県東北町では、かつて
蝦夷征伐の坂上田村麻呂が、この地を中心と定め、
「日本中央」の碑がある。よって様々な中心がある。

「1gって何の重さ?」
パリ郊外セーブルという街の国際キログラム原器で
重さの単位が定められている。1gは、その金属の
1/1000であり、日本ではアルミの1円玉の重さ。
今年11月、新しい重さの基準が決められる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「日本人はなぜカレーが好きか?」
昭和生まれも平成生まれもカレーが好きである。
日本で食べられているのは、本場のインドと違って、
イギリスから伝わったカレーで、インドはイギリスの
植民地であったが、イギリスの船乗りたちが、
スープ状のカレーだと船上でこぼれてしまうため、
小麦粉を入れてトロミを付け、ご飯と合わせることで、
それがカレーライスのルーツとなった。日本へは
江戸時代の終わりにイギリスから伝わり、当時は
あんかけ丼が流行っていたため、日本人には
抵抗なく受け入れられた。一度に大量に出せるので、
兵隊さんに出す食事に適しており、家に戻ったときに
同じものを作らせて、カレーは広まっていった。
戦争中はスパイスが手に入らず、廃れてしまったが、
戦後の平和とともにカレーが食卓に戻ってきた。

「カスタネットの青と赤はなぜ?」
スペインのフラメンコで使われているが、日本では、
子供でも簡単にリズムが取れるようにミハルスを
改良して、カスタネットが作られた。男の子用に青、
女の子用に赤と二色用意したが、注文数が異なり、
在庫の管理が難しく、青と赤を組み合わせて、
男女兼用のカスタネットを作った。赤が下、青が上と
決めたが、どちらで叩いても鳴るようになっている。

「イライラのイラってなに?」
植物のトゲのことをいう。イラクサは、葉の裏、茎に
トゲトゲがたくさんあり、触れると不快でその感情を
イライラと表現した。現在も山口県では草花のトゲを
イラといい、鹿児島県では魚のトゲをイラという。
長崎県ではクラゲや毛虫に刺されることもイラといい、
また古くは、金平糖のトゲのこともイラといった。

「汗がしょっぱいのはなぜ?」
脳の温度を下げようと汗が出る仕組みになっている。
汗の気化熱で体の温度は下がり、血液の成分で
水分だけが汗腺から放出されるが、血しょう中の
ミネラル分が水分と一緒に出てしまうことがある。
ナトリウムと塩素であり、塩化ナトリウムになる。
血液からミネラル分が出ると熱中症になってしまい、
予防には、普段から汗をかいて、慣れることである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

チコちゃんに叱られる

NHK「チコちゃんに叱られる」より

「蚊はなぜ血を吸うのか?」
蚊の主食は、花の蜜や果実の汁、樹液などである。
血を吸うのはメスだけで、卵を産むための卵巣を
発達させるため、その栄養源となるたんぱく質を
人間や動物の血から得ている。痒くなるのは、
血が固まらないようにする物質が原因である。

「おじいちゃんの眉毛はなぜ長いのか?」
一般的な眉毛の長さは1㎝程度であり、
目にかかると邪魔になるので、抜け替わる。
歳をとってくると毛を作る細胞が老化して、
抜けなくなる。眉毛があるのは人間だけで
コミュニケーション・ツールのひとつとして
言葉を話すよりも先に発達していた。

「トランプの絵札の人たちは誰?」
トランプは中国で作られたといわれ、アジアを渡り、
エジプトのマムルーク王朝からヨーロッパに伝わった。
現在の絵札は、16世紀フランスで作られたものであり、
親しみが湧くようにと伝説の英雄の名前が入れられた。
アレキサンダー大王、ユリウス・カエサル、ダビデ王、
カール大帝などなど、12人の英雄たちが選ばれた。

「四つ葉のクローバーはなぜ四つ葉になるのか?」
クローバーの葉は、遺伝子上は3枚だが、
葉の赤ちゃんが成長するときに踏まれたり
草刈りなどの外的要因で傷ついてしまうと
3つに分かれるはずが、4つになることがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧