2016年12月24日 (土)

東海道の風景から 66~大磯

久しぶりに大磯へ行ってきた。
今回は大磯の名所めぐり。
前回は急ぎの道中で通過していたので。

20161224a1

20161224a2

20161224a3

20161224a4

大磯町大磯にある俳諧道場の鴫立庵。
西行法師の「鴫立沢の秋の夕暮」にちなんで、
「湘南」の由来の地としても知られる。

20161224b1

20161224b2

鴫立庵の横を流れる鴫立沢。

20161224c1

20161224c2

20161224c3

20161224c4

20161224c5

大磯町東小磯にある島崎藤村の旧宅。
昭和16年から18年の晩年の二年間、
大磯で生活し、昭和18年8月22日没。

20161224d1

20161224d2

20161224d3

20161224d4

20161224d5

大磯町国府本郷にある旧吉田茂邸。
火災で焼失した本宅の再建も完成間近。

20161224e1

20161224e2

国府本郷にある相模國総社六所神社にお参り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

東海道を歩く 市場~新子安

謝楽祭の後、山手線で品川まで戻ってきて
京急に乗り換えて、快特で帰ってきたのだが、
まだ時間も早く、すっかり青空になってしまって、
つい出来心で…京急川崎で普通に乗り換える。
鶴見市場で下車。鶴見川を渡って、東海道を歩く。

20160904d

市場村の一里塚。鶴見区市場西中町にて。

20160904e1

20160904e2

鶴見川橋で鶴見川を渡る。

20160904f1

20160904f2

鶴見中央4丁目の五の日稲荷。
京急鶴見駅から近くの街中にお稲荷さんを発見。
これまで気付かなかった。街道から少し入ったところ。

20160904g

JR鶴見線の国道駅を越える。

20160904h

鶴見区生麦4丁目の水神宮。
来週(9月10日)祭礼だそうだ。

20160904i

鶴見区生麦3丁目の生麦事件の現場。
今回の歩きは、京急新子安の駅で終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

東海道を歩く 神奈川~不動坂

連休の最終日、東海道を歩いてきた。
横浜駅西口をスタートして、まずは神奈川台へ
保土ヶ谷宿を抜けて、戸塚を目指し不動坂まで。

20160505a1

20160505a2

いつもながら台町の料亭「田中家」の前。

20160505b

浅間下で浅間神社の鳥居の前。

20160505c

東海道と八王子道の追分。

20160505d1_2

帷子橋にて帷子川の上流を見ている。

20160505d2

帷子川の氾濫が続いたために河川改修で
流れは昔と変わっているが、現在の帷子橋。

20160505e

保土ヶ谷宿の金沢横丁。左折は金沢道。

20160505f

保土ヶ谷の一里塚と松並木。仙人橋にて今井川である。

20160505g1

東海道の旧道を歩き、権太坂を上る。

20160505g2

権太坂を振り返っているが、遠くに保土ヶ谷宿が見える。

20160505h

境木地蔵尊のところにある相武国境之碑。

20160505i

戸塚区品濃町にて、品濃の一里塚。

20160505j1

20160505j2

ちょっと寄り道するが、戸塚区品濃町の品濃白旗神社。

20160505k

東戸塚駅の近くにある横浜らーめん「壱八家」で遅い昼食。
ものすごく久しぶり。15年ぶりぐらいになるかも。

20160505l

品濃口で現在の東海道(国道1号線)と交差。

20160505m1

不動坂にある大山不動尊。今回の東海道はここまで。

20160505m2

あとは大山道(瀬谷柏尾道路)をひたすら歩いて帰る。

20160505n

泉区新橋町の水田に水が入っていた。田植え前。

20160505o

瀬谷区阿久和南のお墓山だが、美しい夕暮れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

東海道の風景から 65~品川宿

酉の市のお仲間と品川宿を歩いてきた。
目標は吉田家さんのおそばだったのだけど…

20160422a

丸屋という履物屋さん。下駄と雪駄。

20160422b

遠州家で有名な閻魔いなりと豆大福を土産に
ピリ辛で胡麻入りのいなりがおいしい。

寄り道が楽しいのだけど、のんびりしていたら…
そばの吉田家に着いたのが14時10分。
「準備中」。14時から休憩に入ってしまった。

20160422c

立会川の商店街で大村庵に入ってみた。
昭和四年創業で、「砲台そば」という…
えび天を大砲に見立てた天ぷらそば。
初代が芝増上寺近くに店を開き、
立会川に移転してからも六十年とある。

20160422d1

20160422d2

お馴染みの鈴ヶ森。刑場の跡である。
第一京浜に合流で、今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

東海道を歩く 国道~神奈川

鶴見から横浜駅まで東海道を歩いて帰る。

20160109f

お馴染みのJR鶴見線国道駅だが、
その下を通るのは東海道である。

20160109g

しばらく鶴見川沿いに歩いてみることにした。

20160109h1

20160109h2

鶴見区生麦4丁目の水神宮。
東海道は何度も歩いているのに
こちらの神社はこれまで気付かなかった。

20160109h3

水神宮の境内には、冨士淺間大神の石碑。
神奈川宿の周辺には、富士講がいくつかあった。

20160109i

横浜家系ラーメン「すずき家」で遅い昼食。
おいしかった。いかにも家系という味である。
アレンジされた家系が多い中、ここは王道の味。

20160109j

神奈川区青木町の青木橋にて、京急が通過中。

20160109k

神奈川区台町の料亭田中家だが、
今回もここで終了ということにして、
横浜駅西口へと向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

鶴見線に乗る 浜川崎~国道

小島新田から池上新田へ産業道路沿いに来て、
浜川崎駅まで戻ってきた。鶴見線に乗ってみたく、
鉄ちゃんではないのだが、基本は好きなので、
乗り鉄の血が騒ぎはじめ、大興奮である!
浜川崎から国道まで、鶴見線に乗ってきた。

20151025k

浜川崎にて、こちらは南武線の踏切。

20151025l1

鶴見線の浜川崎駅。無人駅だ。

20151025l2

浜川崎始発の鶴見行が発車待ち。

20151025m1

20151025m2

20151025m3

国道駅で下車。この下の東海道は、
何度も通っているけれど、駅の構内ははじめて。

20151025m4

ホームから階段を下りていくと改札が見える。

20151025m5

20151025m6

改札を出た辺りだが、何ともレトロな情景。
第一京浜の国道15号線側の出口。

20151025m7

鉄道の高架下のトンネルを抜けて、
旧東海道の出口へと向かう。

20151025m8

20151025m9

国道駅の下を通る旧東海道。
今回はここまでにして、花月園前まで歩き、
京急で横浜まで戻ってきた。楽しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

東海道を歩く 鶴見~神奈川

黒門町を後にして、御徒町から
京浜東北線で鶴見まで戻ってきた。

20150920a

毎度のとんこつラーメン鶴見家で遅い昼食。
今日のスープは、これまででも一番おいしかった。
夏の間、家系ラーメンは食べなかったので、
久しぶりだからそう感じるのか?そうではないと思う。
まろやかだけど、しっかりした味があって、最高だ。

20150920b1

20150920b2

鶴見線の国道駅。高架下のトンネルは人気スポット。

20150920c1

20150920c2

鶴見区生麦4丁目の道念稲荷神社。
参道には、朱の鳥居がたくさん並んでいる。

20150920d

生麦事件の事件現場。現在は普通の住宅街。

20150920e

神奈川区子安通1丁目の烏巣森稲荷大明神。
隣に祀られているのが、浅間神社と三峯神社。

20150920f

神奈川区神奈川2丁目の星野橋にて入江川。
元は海だった場所だと思うが、運河である。

20150920g

神奈川区青木町の青木橋にて。
下を京浜東北線が通過中。

20150920h

台町の田中家のところだが、すっかり暗くなったので、
今回はここまでにして、横浜駅西口へ。これにて帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

東海道の風景から 64~品川宿

今日は貴重な青空で、品川宿を歩いてきた。
この夏は全く歩いていないので、無理のない距離にして。
少し前に放送された「アド街」の青物横丁周辺が気になる。

20150905a

畳松岡(岡松畳)の畳屋さん。アド街で紹介。

20150905b1

20150905b2

歴史ある竹内醫院。こちらもアド街で紹介されていた。

20150905c1

20150905c2

立会川の「吉田家」でおそばを食べてきた。
いつも前を通って、ずっと気になっていたのだが、
ついに今回、おいしかった。玉子焼きも絶品。
安政三年とあるので、1856年の江戸後期の創業。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

東海道の風景から 63~板橋口

20150506u

小田原市南町1丁目の早川口。
東海道とJR東海道線が交差。
線路沿いに左へ曲がると早川へ向かう。

20150506v1

20150506v2

小田原市城山4丁目の居神神社。

20150506v3

居神神社の境内にある庚申塔二基。
右手前にある小さな石塔も庚申塔。

20150506w

小田原市板橋にて、小田原宿板橋口。
上方口見附であり、ここまでが小田原宿。
今回はこれにて終了。小田原駅へ戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海道の風景から 62~小田原宿

20150506m

小田原市浜町4丁目の竜宮神社。
かつての古新宿町(こしんしく)である。
海が近く、猟師も多かったのであろう。

20150506n

小田原市浜町4丁目の天王神社。
かつての小田原宿鍋町である。

20150506o

小田原市浜町3丁目の天王神社稲荷神社。
かつての万町(よろっちょう)である。

20150506p

小田原市本町2丁目の松原神社。
かつての小田原宿宮前町である。

20150506q

小田原市本町3丁目にて、「本町」交差点。
東海道小田原宿の現在の様子である。

20150506r

小田原市本町3丁目の龍宮神社。
こちらも漁業にちなんでの神社であろうが、
周辺には、蒲鉾屋さんが数多く並んでいた。
小田原といえば、名物は蒲鉾である。

20150506s1

小田原市本町1丁目の現在の様子だが、
城の造りをした「ういろう」のお店、
テレビで見たことある。本日は定休日。

20150506s2

小田原市本町1丁目の箱根口。
この先は南町1丁目である。

20150506t

小田原市南町1丁目の山角天神社。
菅原道真公を祀った天神さま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧