2019年3月30日 (土)

東京の風景から 95~小石川

桜も満開の週末、文京区白山にある
東大の小石川植物園に行ってきた。
明治に桜の新種ソメイヨシノが植えられ、
それに学名が付けられ、正式に認められた。
その原木がここにある。樹齢130年以上。

20190330a1

20190330a2

20190330a3

20190330b1

20190330b2

20190330c1

20190330c2

20190330d

20190330e1

20190330e2

20190330f1

20190330f2

20190330f3

ソメイヨシノは種からではなく、接ぎ木によって、
育てられるので、60~70年の寿命であり、
各地で枯れてきていると話題になっているが、
小石川植物園では、大切に守られているので、
樹齢130年のソメイヨシノはそれは立派である。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

東京の風景から 94~立会川

京急の立会川から浜川橋の周辺で
立会川河口の運河の辺りを歩いてきた。

20190216a1

20190216a2

20190216a3

20190216a4

20190216a5

旧東海道に架かる浜川橋。泪橋とも呼ばれる。
なぜ泪かというのは、鈴ヶ森に送られる罪人が、
この場所を舟で渡ると処刑の役人に引き渡され、
最後に涙の別れをここでしたということによる。

20190216b1

20190216b2

東京都下水道局の浜川ポンプ所周辺の運河。

20190216c1

20190216c2

20190216c3

20190216c4

立会川河口堤防の船だまり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

東京の風景から 93~大森海岸

京急の大森海岸から鈴ヶ森の方面へ
少しだけ歩いてきた。ちょっと横道へ。

20190210a1

20190210a2

品川区勝島2丁目の勝平橋にて。
この運河が品川区と大田区との境界で
橋を渡ると大田区だ。勝平とは何か?
勝島と平和島に掛かった橋で「勝平」。
スタンドの照明が見えるのは大井競馬。

20190210b1

20190210b2

20190210b3

鈴ヶ森の刑場跡で旧東海道である。

20190210c

刑場跡からすぐの品川区立鈴ヶ森中学校。
品川区南大井2丁目で鈴ヶ森の住所はないが、
学校の名前などには「鈴ヶ森」が残っている。
近所の幼稚園や町内会の名前も「鈴ヶ森」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

東京の風景から 92~品川神社

品川神社に新年のお参りに行ってきた。

20190105a

京急新馬場の駅を出るとすぐに見える品川神社。

20190105b

少し並んでお参りをした後、正月だけ公開の宝物殿へ。
徳川家にゆかりの神社であり、家康、家光、綱吉と
歴代の将軍にまつわるものが大切に保管されている。
勝海舟や山岡鉄舟の奉納品もあり、すごいお宝。

「たらちね」の「いったん偕老同穴の契りを結びし上は…」、
その「偕老同穴」が陳列されていた。はじめて見た。
深海に生息する海綿動物で、その網目の中には、
雄雌の二匹のエビが生息している。まさに老いるまで
共に暮らし、死んでからも同じ墓に入る、そのままだ。

20190105c1

20190105c2

品川神社境内の奥にある阿那稲荷にお参り。
今回も一粒萬倍の御神水でお金を洗ってきた。

20190105d1

20190105d2

20190105d3

最後に富士塚に登って、本当におめでたい。
見晴らしがよく、品川宿を見下ろす絶景である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

東京の風景から 91~けやき坂

昨日は川瀬忍展の「柳家小満ん 落語の会」の後、
六本木まで足を延ばして、テレビ朝日で有名な
けやき坂のイルミネーションを見に行ってきた。

20181215a1

20181215a2

けやき坂に架かる歩道橋の上から正面に
東京タワーの見える有名な撮影スポット。

20181215b1

20181215b2

暗くなったり明るくなったり、光が呼吸しているような。
街が生きているような、なんとなくそんな演出である。

20181215c1

20181215c2

20181215c3

暗いのからだんだん明るくなっていく。
写真に撮ると上手く光を捉えられないが、
この場で実際に見るともっと輝いて感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

鷲神社 三の酉

今年の二度目の酉の市。浅草鷲神社に行ってきた。
三の酉まである年は火事が多いという。その三の酉。

20181125a

三連休の最後の日曜日でたいへんな混雑。
参拝の列は普段よりも長いけれど、時間とともに
もっと増えていきそう。整理の警察官も多い。

20181125b1

20181125b2

20181125b3

20181125b4

三の酉も天気に恵まれて、快晴の空できれい。

20181125c1

20181125c2

20181125c3

20181125c4

鳥居をくぐって、神社に入ってからの行列。
このくらいの時間でお参りできれば、順調だ。

20181125d1

20181125d2

20181125d3

20181125d4

20181125d5

お参りの後、熊手を見てきた。
すごい賑わいで、歩けないぐらいの人。

20181125d6

TBSとNHKサラメシの熊手があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

鷲神社 一の酉

恒例の酉の市。浅草鷲神社に行ってきた。
今年は初っ端で1日がいきなり一の酉である。
かっこめの熊手御守りをいただいてきた。

20181101a1

20181101a2

20181101a3

木曜日のお昼でそれほどの大行列でもない。
でももちろん神社の外にまで行列は長く続く。

20181101b1

20181101b2

20181101b3

20181101b4

鳥居をくぐって、神社に入ってからの行列。
熊手も眺めつつ、一歩ずつ進むのは楽しい。

20181101c1

20181101c2

20181101c3

御守りをいただいて、熊手を見て回った。

20181101d

商売繁盛、家内安全の掛け声が威勢よく上がる。

20181101e1

20181101e2

20181101e3

20181101e4

20181101e5

熊手を楽しみながら、境内をうろうろ歩き回る。

20181101f

あちこちで掛け声と手拍子が上がっていた。

20181101g

今年も噺家さんの(売約済)熊手を見つけて、
志ん橋師匠と小里ん師匠が写っているが、
このもう少し左に小燕枝師匠のもあって、
いろいろな方の名前があり、毎年の注目。

今年も無事に行ってこられて、ホッとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

東京の風景から 90~天王洲

20180917d

新東海橋を渡り、天王洲の方面に行ってみる。

20180917e1

20180917e2

天王洲ふれあい橋から品川の運河を眺める。

20180917e3

その天王洲ふれあい橋。元は貨物線の鉄橋だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の風景から 89~北品川

京急の北品川駅から東海道を八ツ山橋の方へ
少し行ったところの団子が有名な桝翁軒に行って、
それが今日は休業。実は少し前も土曜か日曜で
同じく休みであり、その時は売り切れかと思ったが
閉店してしまったのか。平日は開いているのか?

20180917a

ブックカフェのKAIDOで昼食。ピザが美味しかった。
町内の神輿を飾っている尾張屋のちょうど向かい。

20180917b

同じく近所の星野金物店。歴史を感じさせる建物。

20180917c1

20180917c2

20180917c3

北品川橋にて、船宿と屋形船が停泊する風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

東京の風景から 88~王子稲荷

謝楽祭のあまりの熱気に湯島のみつばちで
氷を食べた後、京浜東北線で王子へ。

20180909c1

20180909c2

20180909c3

謝楽祭の後の恒例というわけではないけれど、
昨年に続いて、王子稲荷にお参り。

20180909d

王子稲荷の裏山にある狐の穴。

20180909e

「王子の狐」の気分で扇屋の玉子焼を土産に。
玉子焼を目当てに王子まで足を延ばしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧