2019年6月11日 (火)

福井8 東尋坊の風景

遊覧船ツアーを終えて、海の方から説明を聞き、
もう一度、東尋坊の北側を中心に改めて散策。


20190611c11

20190611c12

20190611c13

20190611c14

20190611c15

20190611c16

20190611c17

船着き場の先へさらに進み、屏風岩を見る。

20190611c21

20190611c22

20190611c23

20190611c24

20190611c25

千畳敷で柱状節理の真上を歩いて廻る。

20190611c31

20190611c32

二時間サスペンスで船越英一郎が、
犯人を追い詰めて、説得する場所。
どうもこの辺りが撮影地らしい。


20190611c41

20190611c42

先ほど船から見た夫婦岩の辺りが見える。

| | コメント (0)

福井7 東尋坊遊覧船

遊覧船に乗って、海から東尋坊を見る。

20190611b11

20190611b12

遊覧船に乗り込んで、出発待ちの風景。

20190611b21

船は沖に出て、まずは雄島を見に行く。

20190611b22

20190611b23

20190611b24

波型岩という、こちらも岩が斜めに並ぶ断層。

20190611b31

20190611b32

雄島から東尋坊へ戻る途中、夫婦岩である。
白い地層は柔らかく、きれいに断面が見える。


20190611b41

20190611b42

20190611b43

20190611b44

20190611b45

20190611b46

20190611b47

天気に恵まれ、波も穏やかで大池に入る。
真横にすぐそばで見る柱状節理の断層。


20190611b51

20190611b52

沖に出て、東尋坊の全体を眺めて廻る。

20190611b53

遊覧船乗り場に戻り、堪能した。楽しい。
暑かったので、海の風が気持ちよかった。

| | コメント (0)

福井6 東尋坊の風景

あわらゆのまち駅から京福バスで東尋坊へ。

20190611a11

20190611a12

20190611a13

ちょっと江の島のような、磯料理や土産物店の
立ち並んでいる道を通り抜けて、東尋坊に到着。


20190611a21

20190611a22

20190611a23

20190611a24

20190611a25

20190611a26

三段岩の周辺。上から見下ろす柱状節理。

20190611a31

20190611a32

20190611a33

20190611a34

遊歩道を進んで東尋坊の南はこの辺りまで。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

福井5 えちぜん鉄道

福井駅に戻ってきて、えちぜん鉄道に乗り、
あわらゆのまち駅まで。あわら温泉だが、
どんな字かと思ったら芦原温泉であった。
なかなか「あわら」と読んでもらえなくて、
かな表記にしたのだろうか。温泉に宿泊。


20190610d11

20190610d12

20190610d13

途中に無人駅がたくさんあり、飲食店を探す旅で
サイコロを振って、撮影しているのではないかと
検索してみたら、やはりえちぜん鉄道に来ていた。
ただし三国港行ではなく、勝山永平寺線であった。
勝山方面は山中に入っていくので、より険しそう。
三国芦原線は、まわりに住宅もたくさんあるので、
無人駅でも飲食店はすぐに見つかるのであろう。

| | コメント (0)

福井4 永平寺の風景

福井駅から永平寺ライナーに乗って、永平寺へ。
京福バスのリムジンバス。渋滞がないので、
往復ともぴったり28分。バスで定刻には驚いた。


20190610a11

20190610a12

永平寺の参道を経て、龍門から入口の通用門へ。

20190610b11

20190610b12

20190610b13

20190610b14

20190610b15

傘松閣の絵天井の間。156畳敷き。
天井画が美しい。昭和5年の制作。


20190610b21

20190610b22

20190610b23

20190610b24

20190610b25

山門からの庭園。ちょうど12時で
鐘楼で鐘が撞かれていたが、
ゆく年くる年の除夜の鐘を思い出す。


20190610b26

20190610b27

20190610b28

20190610b29

仏殿から法堂、承陽殿、戻って大庫院と
ゆっくり時間をかけて、くまなく廻ってきた。


20190610c11

永平寺の拝観を終え、外に出て、唐門へ。

20190610c21

20190610c22

20190610c23

玲瓏の滝を経て、寂光苑まで。
永平寺の歴代住職の墓だそうである。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

福井3 一乗谷の風景

夕食の焼鯖寿司と越前そばを食べた後、
福井市に戻り、一乗谷朝倉氏遺跡に移動して、
星空ランタン2019のイベントに参加してきた。


1573年、朝倉義景が織田信長に滅ぼされるまで
朝倉氏はこの山に囲まれた一乗谷に都市を築き、
一乗谷川が足羽川に合流する一乗谷の入口に
城戸を作って、この地区は城戸の内にあって、
よっていまでも住所は城戸ノ内町というらしい。
この辺は「福井でブラタモリ」を見て勉強した。


20190609c11

20190609c12

20190609c13

神事の後、一乗谷で流鏑馬。

20190609d11

20190609d12

20190609d13

城下町の復原街並み。
発掘された建物群の基礎の上に
原寸で再現された街並みであり、
「復元」ではなく、「復原」だそうである。


20190609d21

20190609d22

20190609d23

唐門と発掘された朝倉館の遺跡。

20190609e11

20190609e12

星空ランタン2019のイベントで
ランタンを配布中。LEDの明かり。


20190609e21

20190609e22

20190609e23

ランタンの打ち上げ。
現場にいるとまた違った感動だけど、
写真で見直すとなるほど星空であった。


20190609e31

ランタンの回収。凧糸でつながっている。
いろいろと環境に配慮したイベントだ。
一乗谷川のホタルの鑑賞ですべて終了。

| | コメント (0)

福井2 越前大野の風景

大野市にある越前大野城。
天空の城として有名だけど、
それは秋から冬にかけてのこと。


20190609b11

城への上り道から大野市の風景。

20190609b21

20190609b22

20190609b23

20190609b24

20190609b25

大野城の石垣、下から天守閣を見る。

20190609b31

20190609b32

大野城天守閣の展望台より街を見下ろす。

| | コメント (0)

福井1 平泉寺の風景

家を6時に出て、7時台の新幹線で米原へ
特急しらさぎで福井駅に10時59分の到着。
12時出発の一日ツアーに参加。福井の旅。


勝山市にある平泉寺白山神社。

20190609a11

精進坂を上って、一の鳥居から二の鳥居へ。

20190609a21

20190609a22

20190609a23

二の鳥居から拝殿へ。
美しい苔が有名らしい。


20190609a31

20190609a32

20190609a33

白山神社の拝殿。

20190609a41

20190609a42

20190609a43

さらに奥には三宮があるのだが、時間切れで
集合時間に戻らないといけないので引き返し。

| | コメント (0)