2019年7月22日 (月)

新府の桃 梅雨明けの風景

今年の梅雨はずっと雨で機会を逃していたのだが、
「白鳳」も終わってしまいそうで、そろそろ限界だと
4時起きの5時前に出発で新府共選場に行ってきた。


20190722a1

20190722a2

お持ち帰り用の良品を早速、購入して、桃を確保して、
近くの叔父も自宅用を買いに来ると待っていたのだが、
母が贈答用の「特秀」も一箱、買っていこうと追加購入。


20190722b1

20190722b2

20190722b3

選果場は何とも桃のいい香りでいるだけで幸せだ。
「白鳳」はいまが最盛期で、今週から「浅間白桃」を出荷、
8月になって、来週後半には「なつっこ」がはじまると思う。


20190722c

型落ちのお買い得品は、今年も行列ができていて、
早朝から並んで、順番が遅いとなくなることもあると
あきらめているが、見ていると今回は、桃の在庫は
十分に足りていたようである。にぎわっていた。


叔父たちと諏訪郡原村の自由農園まで足を延ばして、
野菜を買って、昼食を食べたのだけど、雨になり、
予報は当たって、今回は早めに引き上げてきた。
新府にいるときは晴れていたので、助かった。

| | コメント (0)