2016年7月18日 (月)

明野村の向日葵

梅雨明け間近だが、本活的な夏に入る前に
山梨の高原に住む叔父の家に遊びに行ってきた。
お目当ては「新府の桃」だが、それは明日の朝。

新聞で紹介された伊東豊雄さんのおすすめの店、
「フランス菓子 ドゥ・ミール(北杜市明野町浅尾)」で
ケーキとクッキーを土産。果物の酸味が実に美味。

20160718a1

20160718a2

20160718a3

20160718a4

有名な明野村のヒマワリ畑だけど、花はもう少し先。
花はまだでも…この絶景、開放感には癒される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

今日の風景から~茅ケ崎にて

今日は茅ケ崎の方へ出掛けて、
立ち寄ってきた茅ヶ崎市芹沢にある腰掛神社。

20101124a

参道への入口で早速に庚申塔を発見。
青面金剛像で三猿はいないが、
右側に「庚申供養」の文字。

20101124b1

腰掛神社の鳥居。
石の鳥居と木の鳥居が重なっている。

20101124b2

立派な神社である。芹沢村の鎮守。
昨日は勤労感謝祭だったようで
まだ祭りの後の余韻が。

20101124b3

なぜ「腰掛神社」であるかというと
日本武尊(やまとたけるのみこと)が
東征の途中、腰掛けて休んだと伝えられており、
その腰掛石がこちらの写真である。

20101124b4

社殿から参道を振り返る。
雰囲気のある素敵な神社だ。

20101124c_2

腰掛神社が隣接している県立茅ケ崎里山公園で
芹沢の池のそばにある道祖神。
「みこし道」と呼ばれているようだ。
腰掛神社のお神輿が昔はここを通ったそうで。

20101124d

みこし道を上がっていき、一寸峠(ひとあし峠)で
これは庚申塔だそうだけど、全くわからない。

20101124e

一寸峠からしばらく歩いて、二十三夜塔を発見。
陰暦の二十三夜に講中が集まり、勤行、飲食をしながら
月の出を待つ行事であり、それを記念しての石塔だろう。
二十三夜塔を見るのは、これで二度目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

逗子海岸の花火大会

今日は夕方から逗子の花火大会へ。
JRの逗子駅から海岸まではすぐなのに
人がぞろぞろと…時間のかかったこと。

20100826a_2

砂浜で前は海…何もないので
花火が近い!大きい。立体感がすごい!
これはほんの序の口。

20100826b

いろんな色が出る花火が増えているけれど
何となくこうしたシンプルな感じが私は好き。
懐かしいというか…風情があって。
しだいに高さが出てきて、ますます大きく!

20100826c

後半の迫力といったらすごかった。
音に圧倒されて、空気の振動が迫ってくる感じ。
そして海から陸へと風が強くて、
煙も来るし、燃えかすの灰が降ってくる。
花火の破片がこちらに飛んでくる。
その度に観客は大歓声!興奮した。
やはり花火の臨場感は会場に行かないと!
楽しかった。8月の終わりにいい思い出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

今日の風景から~鎌倉

お昼すぎに鎌倉へ行ってきたのだが
ものすごい暑さで…熱風が吹きぬける…
後でわかったことだけど、気温も高かったらしい。

20100816a

小町通りをぶらぶらしながら鶴岡八幡宮へ。
お盆の終わりだけど…月曜日だし、
それともこの暑さのせいか?人は少なめ。

20100816b

お参りをして、おみくじを引いてみたら「中吉」。
運勢も良好かな?どうでしょう?

20100816c

今年の春、強風で倒れてしまった大銀杏だが、
残った幹から盛んに新芽が出ている。
見事に復活してくれた。

20100816d

こちらは倒れた幹から新芽を移植して
新たに銀杏の木を後世に伝えていこうと
すくすく育ちはじめている。
大銀杏の倒壊はショックな出来事ではあったが
ここから新しい歴史がはじまった!と思うと感動的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

今日の風景から~鍋島松涛公園

今日は渋谷に出て、マークシティを通り抜けて
神泉の方へ行ってきたのだが、少し散歩して
松涛をまわってきたのだけど…公園があり、
鍋島松涛公園に寄ってきた。鍋島というのは?

20100619a

池のあるなかなか風情のある公園だった。
都会の真ん中にこうした自然は不思議な印象。
紀州徳川家の下屋敷があったそうである。
その跡地を購入したのが鍋島家で
明治期に士族授産のために茶園を開き、
地名の「松涛」とは、茶の湯のたぎる音から出たそうだ。

20100619b

池にある島には、亀がたくさん日光浴で
これだけ集まるとちょっと気持ち悪い…
もとは周辺にも泉が数多くあったそうだが、
現在では渋谷区内でも少ない自然湧水の池だそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

今日の風景から~神武寺駅周辺

20100605a

京浜急行の神武寺駅周辺をブラブラして
まずは逗子市池子3丁目の福徳稲荷。

20100605b

福徳稲荷のお社の横には立派な木があり、
すごく不思議なのが、巨大な岩の上に
木の幹がねじれているという…すごい!

20100605c

神武寺の駅の方へ戻っていくと…
大きな石をくり抜いて、祠の中にお地蔵様。

20100605d

お地蔵様の上には池子神明社(池子2丁目)があった。
歴史は鎌倉時代にまでさかのぼるようだけど
明治の頃に周辺の小さな神社が合祀されたとのこと。
現在の社殿は昭和63年に落成したそうだ。

今度は山の上にあるという神武寺へ行ってみよう。
JR横須賀線の東逗子の方が近いらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

今日の風景から~みなとみらい

20100524

朝のうち、激しい雨だったけど、びしょ濡れ…
今日はみなとみらいに行ってきたのでそのときの写真。
ランドマークタワーの上の方が雲の中で
汽車道を通って、ワールドポーターズから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

今日の風景から~金沢八景

20100516

子供のころからなぜか京浜急行に乗るのが好きで
それは速いから?まわりとの距離感で
景色の動きで恐ろしく速く感じるというのもあるけれど
でもそれにしても京急のスピードは速いのである。
新型の車輌は揺れないし、とにかく快適!
新逗子に行くのに「快特」三崎口行きに乗って、
金沢文庫まで…隣に止まっていたのは浦賀行。
もうひとつ乗って、金沢八景にまで足を延ばす。
隣のホームに新逗子行はいなかった。
結局しばらく待つことに。そのときの写真。
ホームの横にわら葺き屋根の家がある。
長閑な風景だ。こちらが山側で
反対の後ろには海があり…いいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

今日の風景から~森戸神社にて

20100508e

葉山町一色海岸から真名瀬を経て、森戸神社まで散歩。
森戸神社にある庚申塔。猿田彦太神が祀られている。
庚申塔を建立したのは、「真名瀬庚申講中」とある。

20100508f

森戸神社から森戸海岸の風景。
陽が西に傾いて、美しい景色だったので写真を一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

鎌倉からの風景

今日は午前中、お墓参りに鎌倉へ。
年内にもう一度行きたいというのと
鎌倉なので…休日は混んで車は入れない…
もう今年も終わっちゃうので行ける日は限られてくる…
というので今日は朝からご先祖のお墓参り。

20091221a

お墓は昼よりもだいぶ早く出られたのだが、
父が天園に行きたいと言い出して、
近くまで車で行って、山に登って、
天園からの風景である。
目の前に広がるのは鎌倉の山だが、
今日は遠くに富士山がきれいに見えて。

20091221b

肉眼ではよく見えていても
写真だと小さくなってしまうので…こちらは望遠写真。
天園は鎌倉市と横浜市の境界に位置しているようで
横浜市における標高の最高点だそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)